ツルツルの背中にしようと思って始めた背中脱毛。
でも背中脱毛をすると、「硬毛化」という毛が濃く増えてしまうことがあるってご存知ですか?

せっかく脱毛するのだから、硬毛化にはなってほしくないですよね。
硬毛化とは?かれ原因、対処法までご紹介していきます。

背中脱毛で起きやすい硬毛化とは?

硬毛化とは、脱毛することで、毛が脱毛前に比べて太く濃く生えてきてしまうことを指します。
通常脱毛レーザーの光は毛根にある細胞にダメージを与えることで脱毛をしていく仕組みになっています。
しかし、普段活動していなかった毛穴がレーザーの光によって活性化され、毛が生えてくるようになったということがあります。
これにより毛が太く濃く見えるようになると言われています。

また、場合によっては量が増えたと感じることもあり、「多毛化」と呼ばれることもあります。
本来人間の毛穴の数は遺伝子によって決まっているため、脱毛をしたからといって毛穴の数が増えることはありません。
ですので、基本的には数は増えておらず、増えたように見えるという場合がほとんどのようです。

症状に気づくのは照射から1〜3ヶ月経った頃です。
施術直後にすぐわかるものではないため、照射から様子をみる必要があります。

硬毛化の原因

硬毛化の原因とは一体なんなのでしょうか?
実は硬毛化や多毛化の主な原因はわかっていないのが現状です。
しかし、一説によると照射した時のレーザーの出力が、細胞にダメージを与えるのには、不十分で逆に活性化されてしまったのではと言われています。

こういった現象が起きる理由としては、脱毛レーザーの仕組みにあると言われています。

医療レーザーは毛の黒い色(メラニン色素)に反応して熱を発生し、熱の力で毛の成長に関わる毛根部分の細胞と発毛因子であるバルジ領域という部分を破壊することで、永久脱毛効果をもたらすというメカニズムを持っています。つまり、毛の黒い色が濃いほど熱に変換しやすく、太く濃い毛には効果が出やすいと考えることができるのです。

一方で、産毛や細い毛はメラニン色素が薄いため、レーザーが反応しにくく、十分な熱に変換させることが非常に難しいとされています。毛に十分な熱が加えられないと、レーザー熱の刺激で細胞と周辺組織の働きが活発になり、硬毛化という現象につながってしまう可能性があるのです。
引用元:https://www.maria-cl.net/medical/datsumo/grow/

つまり、産毛の多い背中は硬毛化が起きやすいというわけです。

また、医療脱毛よりも出力が弱く設定されている家庭用脱毛器やサロン脱毛を使用した場合の方が硬毛化や多毛化が起きやすいようです。
ただ、医療脱毛は出力が高いからと全く硬毛化や多毛化の心配がないわけではなく、技術不足や出力の調整がズレてしまうと硬毛化や多毛化を引き起こしてしまう恐れがあります。

硬毛化を引き起こさないために!

高い技術力・症例の豊富な脱毛クリニックを選ぶ

人によって肌質や毛質は違います。
それを見分け、硬毛化しにくい適切な出力を選べたり、適切な照射ができるスタッフがいるクリニックを選びましょう。
症例が豊富なクリニックであれば、あらゆるケースに対応してくれるでしょう。

硬毛化を引き起こす可能性が低い脱毛器を使う

脱毛機器によっても硬毛化を引き起こしやすいじゃどうかが変わってきます。
医療レーザーの場合であれば、「メディオスター NeXT PRO」という脱毛器がおすすめです。
メディオスター NeXT PROは毛根ではなく、毛根に栄養を与える「バルジ領域」という部分を破壊してくれるので、硬毛や多毛化を引き起こすリスクが低いと言われています。

硬毛化の保証がある脱毛クリニックを選ぶ

硬毛化は治らないのかというとそうではありません。
一度硬毛化した毛は濃く太くなっているので、脱毛の効果が出やすい毛となっています。
ですので、根気強く照射を続ければ脱毛することができます。

しかし、回数が決められているプランで契約した場合は、その回数内で脱毛を完了することができない可能性が高いです。
脱毛クリニックの中には、硬毛化になった場合照射を続けてくれる保証を付けてくれるところもあります。
万が一のことを考えて、硬毛化の保証がある脱毛クリニックを選ぶのがおすすめです。

まとめ

ツルツルにするために脱毛しているのに、毛が太く濃くなってしまっては意味がありません。
硬毛化を引き起こさないための対策を参考に、硬毛化を防いでツルツル肌をゲットしてくださいね!

おすすめの記事