脱毛サロンで背中脱毛をしようと考えているあなた。

ちょっと待ってください!
もしかするとその脱毛方法では、脱毛効果を十分に得られない可能性があるんです!
脱毛効果を得られないどころか「硬毛化」という逆に毛が濃く太くなってしまう症状を引き起こしてしまうことも…!

そんな事態に陥りたくないですよね?
背中をツルツルに綺麗に脱毛する方法をご紹介していきます。

背中脱毛にフラッシュ脱毛は効かない?

「脱毛サロンで背中脱毛をしてもらっているけど、あまり変わった気がしない…」
「背中を脱毛してもらったら逆にけが濃く太くなってきた…」
という声があるのをご存知でしょうか?

実は背中は体の他の部位と異なり、脱毛効果を実感できなかったり、毛が濃く太くなってしまうということが起きやすい部位なのです。

現在脱毛サロンで主流となっているマシーンは、毛の黒い色素であるメラニンに反応させて脱毛していきます。
しかし、背中に生えている毛はしっかりした毛よりも産毛に近い毛が多いのが特長です。
産毛はメラニンの量が少ないため、マシーンの光に反応しづらく脱毛するのが難しいのです。

また、マシーンの光は毛根にダメージを与える仕組みになっています。
しかし、背中のように産毛の多い部位に照射すると、産毛の毛根や今まで働いていなかった毛根を活性化してしまい、硬毛化を引き起こしてしまうことがあります。
マシーンの熱量が不足していることで硬毛化を引き起こしてしまう原因になっているようです。

硬毛化ってなに?

硬毛化とは、脱毛することで、毛が脱毛前に比べて太く濃く生えてきてしまうことを指します。
通常脱毛レーザーの光は毛根にある細胞にダメージを与えることで脱毛をしていく仕組みになっています。
しかし、普段活動していなかった毛穴がレーザーの光によって活性化され、毛が生えてくるようになったということがあります。
これにより毛が太く濃く見えるようになると言われています。

また、場合によっては量が増えたと感じることもあり、「多毛化」と呼ばれることもあります。

引用元:https://kxxnrc.com/senakadatumou-koumouka/

おすすめはSHR脱毛かニードル脱毛

じゃあ、脱毛サロンで背中脱毛はしないほうがいいの?と疑問に思ってしまう方もいることでしょう。
しかし、そうではありません!
脱毛サロンでも脱毛方法によっては、脱毛効果を実感できなかったり、硬毛化してしまったりという事態を防ぐことができます!

おすすめの脱毛方法は
・SHR脱毛
・ニードル脱毛
の2種類です。

SHR脱毛とは?

従来主流だったIPL脱毛とSCC脱毛とは全く仕組みが異なり、産毛でも脱毛できる仕組みになっているのが特長です。
IPL脱毛とSCC脱毛は、毛根の毛を生やす細胞に熱エネエルギーを与え、細胞を破壊することで脱毛していくという方法でした。
毛の黒い色素であるメラニンに対して光が反応するため、濃く太い毛ほどダメージを与えやすいというものでした。

しかしSHR脱毛は、毛根ではなく毛のうと呼ばれる部分にダメージを与えることを目的としています。
そのため、メラニンに光を反応させるわけではないため、産毛や金髪などの色素の薄い毛でも脱毛できるのです。

また、メラニンに反応しないので、日焼けした肌でも照射することができます。

ニードル脱毛とは?

ニードル脱毛は肌に光を照射するのではなく、毛穴1つ1つに針を刺し微弱な電気を流して脱毛していく方法です。
針を毛穴に刺していくので、確実に毛根にダメージを与えることができます。
確実にダメージを与えられることで、硬毛化を防ぎ脱毛することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
SHR脱毛かニードル脱毛を選ぶことで、脱毛サロンでも硬毛化の心配や脱毛効果が実感できないといった事態を防ぐことができます!

スムーズに脱毛するためにも、背中脱毛を検討している方は、この記事を参考に改めて脱毛方法を検討してみてくださいね!

おすすめの記事