背中脱毛は脱毛方法選びを間違えると、効果がないどころか逆に毛が濃く太くなってしまうことがあるんです!

せっかく高いお金を出して脱毛しているのに、そんなことになりたくないですよね?
スムーズに脱毛をすすめ、ツルツルの美背中になりたいという方のために、背中脱毛の脱毛方法選びで失敗したに方法をまとめました。

これから背中脱毛を脱毛クリニックでしようと考えている方必見です!

背中脱毛にレーザー脱毛は効かない?

医療レーザー脱毛を始めとする光を照射するタイプの脱毛方法では、背中のムダ毛を脱毛するのが難しいことがあります。
理由は脱毛マシンの仕組みにあります。

医療レーザー脱毛などの光を照射していく脱毛方法は、毛の黒い色素であるメラニンに光を反応させます。
光に反応したメラニンは熱エネルギーを受け、毛根まで熱が伝わることで毛根にある毛を生やす細胞を破壊していきます。
これにより毛を生やすことができなくなります。

しかし、背中に生えている毛は産毛が多く、黒い色素の元であるメラニンが少ないのが特長です。
メラニンが少ないと光をうまく反応させることができず、脱毛効果もあまり期待できません。

このように、レーザー脱毛で産毛を脱毛するのは難しいため、背中の脱毛が思うように進まないということがあるのです。

また、毛が濃く太くなってしまう「硬毛化」が起こる理由も、脱毛マシンの仕組みが関係していると言われています。
通常は毛根の毛を生やす細胞を破壊するのに十分な熱エネルギーを与えなければ、脱毛することはできません。
そのため、十分な光を照射できるように脱毛マシンの出力の調整をしていきます。
しかし、出力の調整が合っていないと、細胞を破壊するのに十分な光を照射できず、逆に毛根を活性化させてしまうことがあります。
毛根が活性化されると、今までより濃く太い毛が生えてきてしまいます。

Young beautiful woman gets professional skin treatment in a professional beauty clinic. Body shaper

おすすめはダイオードレーザーか絶縁針脱毛

医療レーザー脱毛がダメならどうすればいいの?と疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、心配はいりません。
脱毛クリニックで、背中脱毛をスムーズに進めるための脱毛方法をご紹介していきます。

医療レーザー脱毛ならダイオードレーザー

もし医療レーザー脱毛を選ぶならダイオードレーザーという脱毛マシンの取り扱いがあるクリニックを選ぶようにしましょう。

ダイオードレーザーの仕組みは医療レーザー脱毛とほとんど変わりません。
毛のメラニンに光を反応させ、毛根の細胞を破壊することで脱毛していく方法です。
しかし、ダイオードレーザーの場合、光の波長に他の医療レーザー脱毛との違いがあります。

ダイオードレーザーは毛根の細胞が集中する深さにちょうど届く波長となっています。
そのため、他の医療レーザー脱毛で脱毛しにくい産毛にも高い脱毛効果が期待できます。

背中脱毛の脱毛方法として医療レーザー脱毛を選ぶ場合には、ダイオードレーザーがおすすめです。

確実に脱毛するなら絶縁針脱毛

もっと確実に脱毛したいという方におすすめなのが絶縁針脱毛です。
脱毛マシンの光を照射して脱毛していくタイプとは異なり、毛穴に針を刺して毛根に直接電気を流すことで脱毛していく方法です。

毛の生えている毛穴1つ1つに針を刺し、微弱な電気を流していくので、狙った毛を確実に脱毛していくことができます。
また、脱毛サロンのニードル脱毛も同じ仕組みですが、絶縁針脱毛は針の先端以外は絶縁素材で覆われているため、肌に触れる部分に電気が流れる心配がありません。
針の先端に電気を集中させることができるため、ニードル脱毛よりも高い脱毛効果が期待できます。

医療レーザー脱毛と異なり、毛のメラニンの量は関係なく脱毛していくことができるので、より確実に脱毛をすすめたい方には絶縁針脱毛がおすすめです。

まとめ

背中をキレイに脱毛したいという方は、脱毛方法をよく検討しましょう。
医療レーザー脱毛ならダイオードレーザー、より確実に脱毛したいという方は絶縁針脱毛がおすすめです!

おすすめの記事