肌をツルスベにしたくてワックスで脱毛しても、脱毛後の鎮静ケアを怠ると肌トラブルを引き起こしてしまいます。
肌トラブルが起こってしまっては、せっかくムダ毛がなくなっても、キレイな肌とは言えません。

今回は脱毛後のおすすめの冷却方法や、鎮静ケアをご紹介します。
ブラジリアンワックスで脱毛した後のケアの参考にしてみてくださいね。
脱毛後の女性

肌を沈静化させないとこんな症状に…

赤みが出る

ワックスで脱毛すると皮膚の表面の角質もムダ毛と一緒にはがしてしまいます。
古い角質がはがれることで美肌効果も期待できますが、無理やり剥がしていることになるので鎮静ケアを怠ると赤みが出てきてしまいます。

かゆみがでる

赤みが出るのと理由は同じで、皮膚表面の角質を無理やり剥がしているので、それが刺激となりかゆみがでてくることがあります。

肌が鳥肌のようにブツブツと赤くなる

ムダ毛を一気に引き抜いているので、肌にとっては負担がかかります。
ムダ毛を抜いた毛穴が鳥肌のようにブツブツとして赤くなってしまいます。

毛穴から出血する

太い毛や濃い毛だった場合にはそれだけ毛根が強いということになり、抜いたときの肌への負担も大きくなります。

そのため、刺激が強く出血してしまうこともあります。
長引くものなので出血自体はそれほど問題ありませんが、ここでケアを怠ってしまうと、肌トラブルが悪化する恐れがあります。
ショック

脱毛後の冷却方法

脱毛後は、まず肌に残ったワックスをキレイに取りましょう。
それから冷やした柔らかいタオルや、保冷剤などで脱毛した部位を冷却するようにしましょう。

一気に毛を抜いているので肌が熱を持ち、多少は赤くなります。
赤みが出ている部位を中心に、冷やしタオルや保冷剤を満遍なく当てることを意識しましょう。

一気に脱毛してから冷却しようとすると、すべての部位の脱毛が完了するまでに時間がかかってしまいます。
その間に赤みや皮膚のヒリヒリ感が増してきます。

「1~2部位を脱毛⇒冷却する」を都度繰り返し行っていくことで、脱毛から冷却まで時間が空くことがないので、赤みや肌のヒリヒリ感を最小限で抑えることができます。
脱毛後の女性2

おすすめの鎮静ケア

全体を冷却できたら、更に肌を鎮静化していくためにしっかりと保湿していきましょう。

ブラジリアンワックス後のケア用アイテムとして、アフターワックスジェルというものがあります。
毛穴が開き、敏感になっている肌の炎症を抑え鎮静してくれます。

もしアフターワックスジェルなどがない場合には、普段使っている化粧水でも代用することができます。
注意したいのは、しっかり保湿をしようと思い、油分の多い保湿クリームやボディクリームを使用してしまうことです。

毛穴が開き敏感になっている肌にとって、油分は更に刺激を加えてしまうので、脱毛直後はなるべく油分の少ない化粧水や、さっぱりタイプのスキンケア化粧品を使って保湿するようにしましょう。

脱毛から1週間後にしたいケア

脱毛から1週間後にしたいケアについてもお伝えします。
脱毛から1週間経つ頃には、肌の状態も落ちついていると思います。

肌が落ちついてきているようなら、埋没毛対策のためにスクラブケアをしましょう。
ブラジリアンワックスで毛を根本から抜くと、次に毛が生えてくるまでに毛穴が塞がってしまうので埋没毛になりやすくなってしまいます。
スクラブで角質を落とし、肌の状態を整えることで、埋没毛になるのを防ぐことができます。
化粧水

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ブラジリアンワックスは自宅でも手軽に脱毛ができることで人気がありますが、その手軽さからアフターケアを怠ってしまう方が多いようです。

アフターケアまでをセットと考え、肌の冷却と沈静化、スクラブでのケアまでしっかり行うようにしましょう。

おすすめの記事