脱毛はしたいけれど、脱毛サロンや脱毛クリニックに通うとなるとお金がかかってしまうし、時間もない…
でも自己処理では完全に脱毛することはできない…

そんなお悩みのあなたにおすすめなのが、家庭用脱毛器での脱毛方法です。
脱毛サロンや脱毛クリニックと同じ効果を自己処理でも期待できるのが特徴です。

今回は家庭用脱毛器で脱毛できる仕組みや、メリット・デメリット、おすすめの家庭用脱毛器をご紹介していきます。

家庭用脱毛器とは?

家庭用脱毛器とは、脱毛サロンや脱毛クリニックで行われている脱毛方法とほぼ同じ方法を自宅でできるというものです。
脱毛サロンや脱毛クリニックで行われている脱毛方法と基本的な仕組みは同じなのですが、家庭用に出力が低く設定されています。
そのため、サロンやクリニックに比べると脱毛効果は劣りますが、続けることで毛を生えにくくさせることも可能です。

家庭用脱毛器で脱毛できる仕組み

家庭用脱毛器から照射される光には毛根の毛を生やす細胞にダメージを与える効果があります。
この細胞にダメージを与えることで、毛を生やすことができなくなり脱毛することができるという仕組みです。

サロンやクリニックの脱毛方法に比べると、出力が低く設定されているため、短期間で全てを脱毛することはできませんが、続けることで毛を生えにくくすることができます。

また出力が低い分、痛みを感じにくいのも特徴です。
痛みには弱いけれど脱毛したいという人にもおすすめです。

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

家庭用脱毛器のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

①脱毛費用が安い
比較的脱毛料金の安い脱毛サロンで全身脱毛を契約したとしても、最低でも30〜40万はかかってしまいます。
しかし、家庭用脱毛器であれば、4〜8万ほどが平均価格ですので、かなり費用を抑えて脱毛することができます。

②自分のペースで脱毛することができる
サロンやクリニックに通うとなると日程の調整が必要です。
しかし家庭用脱毛器であれば、自分の好きなタイミングで脱毛することができます。

③痛みが少ない
サロンやクリニックで脱毛するとなると、どうしても痛みが伴います。
しかし、家庭用脱毛器であればほとんど痛みを感じることなく脱毛することができます。

④恥ずかしさがない
VIO部分など、人に見られるのが恥ずかしい部分の脱毛も自分で行うことができるので、恥ずかしさを感じることなく脱毛することができます。

デメリット

①手の届かない部分は脱毛しにくい
背中など自分の手が届かない部位に関しては脱毛するのがかなり難しいです。
誰かに手伝ってもらう必要があるので、一人で全身を脱毛するにはかなり難しいかもしれません。

②手間がかかる
家庭用脱毛器で一度に照射できる範囲をあまり大きくありません。
そのため広範囲を脱毛するとなるとかなりの時間がかかってしまいます。

③脱毛範囲が狭いと高くつくことも
最近の脱毛サロンやクリニックでは、ワキだけなら5000円ほどで永久脱毛できてしまうコースを出しているところもあります。
そのため、脱毛したい範囲が狭いのであれば、脱毛サロンやクリニックに通う法がお得な場合もあります。

おすすめの家庭用脱毛器

家庭用脱毛器1番人気

商品名:ケノン 家庭用脱毛器
価格:69,800円
特徴:主要のパーツが全て国内で製造されている、日本製の家庭用脱毛器です。
日本人の肌を考えて作られているため、肌への刺激が少なく、痛みも少ないことから人気の脱毛器です。
家庭用脱毛器の中では照射範囲が広いので、短時間でお手入れすることができます。

コスパでを考えた家庭用脱毛器

商品名:トリア パーソナルレーザー脱毛器4x
価格:38,999円
特徴:安全性や優位性が認められた脱毛器だけが認定される、アメリカのFDA認証を唯一受けているのがトリアのパーソナルレーザー4xです。
一度に25万ショット打つことができるので、コスパを考える人に特におすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
家庭用脱毛器は自宅で脱毛サロンや脱毛クリニック並みにツルツルに脱毛することができます。
痛みに弱い人や、コスパを考える人には特におすすめです。
自分に合った家庭用脱毛器を見つけてくださいね。

おすすめの記事