医療レーザー脱毛と言っても、いくつかの種類があるのをご存知ですか?
脱毛機種の違いによるものなのですが、それぞれ特徴や仕組みが異なってきます。

医療レーザー脱毛の特徴を理解し、自分にあった脱毛方法を選べるようにしましょう。

医療レーザー脱毛とは?

医療レーザー脱毛とは、毛や皮膚に含まれるメラニンと呼ばれる黒い色素に対して、レーザーを照射して脱毛していく方法です。
メラニンにレーザーが反応することで、毛根にある毛を生やす細胞を破壊し、毛を生えなくすることができます。

脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛と仕組みは同じですが、クリニックは医療機関での医療行為として扱われるため、脱毛サロンよりも出力のが高いレーザーを照射することができます。
出力が高いため、脱毛サロンに比べて脱毛効果が高く、短期間で脱毛を完了させることができるとあって人気の脱毛方法です。
照射の回数が少なくて済むので、肌への負担を軽減することにも繋がります。

しかし、出力が高い分痛みも強く感じやすいというデメリットも存在します。
痛みに弱い人にはおすすめできませんが、照射を繰り返し毛量が減ってくると、それに伴って痛みも感じにくくなるようです。

医療レーザー脱毛の種類

医療レーザー脱毛は3種類あります。
・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー
・ヤグレーザー

脱毛クリニックによって導入している機種は異なります。
クリニックによっては数種類の機種を導入しているところもあります。
まずは、それぞれの機種にどのような特徴があるのか見ていきましょう。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは1997年ごろ日本に導入された、医療レーザーの中でも長い間主流として使われていた機種です。
アレキサンドライトという宝石を使用しており、メラニンに反応させることで脱毛をしていきます。

私たち日本人は皮膚表面にメラニンが多く存在するため、あまり皮膚に近い場所に作用してしまう波長だと、痛みを感じやすくやけどしてしまう恐れもあります。
しかし、アレキサンドライトレーザーに使用されている波長は755mmと日本人の毛根にちょうど届く長さになっています。

脱毛効果は高いのですが、照射口の形が楕円形になっているため、重ね打ちしてしまいやすいので扱いには注意が必要な機種です。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは医療レーザー脱毛の中でも最新の脱毛機種です。
日本において厚生労働省にあたるアメリカのFDAで、安全かつ永久脱毛の効果があると認定されています。

機種により多少の違いはあるものの、照射時に瞬間的に冷却してくる冷却機能や、吸引してくれる吸引機能などを備えており、照射時の痛みを軽減する作りがほとんどです。
これまで主流だった、アレキサンドライトレーザーよりも痛みを感じにくいことから、現在多くの脱毛クリニックで導入されるようになりました。

照射口の形が長方形になっており、打ち漏れや重ね打ちなどのリスクが低いことも指示されている理由です。
脱毛効果はアレキサンドライトレーザーと同じぐらい高いです。

ヤグレーザー

ヤグレーザーの最大の特徴はレーザーの波長が、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーに比べて長いことにあります。

波長が長いことで肌のより奥に照射することが可能で、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーでは断られてしまう日焼け肌の人でも施術を受けることができます。
また、肌のより奥に照射できることで、太くて頑固な毛にも高い脱毛効果を発揮してくれます。
ただし、他の2つの機種に比べると痛みを強く感じてしまいやすいという特徴もあります。

また照射口の形が円形になっているため、打ち漏れや重ね打ちのリスクもあります。
脱毛イメージ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
医療レーザー脱毛にも種類があります。
それぞれの特徴を理解し、自分に合った脱毛方法を選べるようにしましょう。

おすすめの記事