医療脱毛について詳しく知っていますか?
医療脱毛は効果が高いというメリットがある反面、費用が高くかかってしまうというデメリットもあります。
医療脱毛の仕組み、メリット・デメリットについて学んでいきましょう。

医療脱毛1

Young Woman Receiving Laser Epilation On Beauty Center

医療脱毛の仕組み

医療脱毛ではレーザー脱毛と呼ばれる方法での脱毛が一般的です。
レーザー光線は波長の長さによって、特定の色に反応し作用させることができます。
その性質を利用し、脱毛していくのがレーザー脱毛です。
脱毛ではレーザーを毛の黒い色素であるメラニンに作用する波長に設定されています。
ですから皮膚は傷つけず、黒い毛だけにダメージを与えることができるのです。

ただ、黒い色素のものには反応するため、黒ずみやほくろ、あざなどにも反応してしまいます。
ほくろなどに反応してしまうと、やけどしたような状態になってしまう恐れがあるので、黒い色素のある部位は隠すか避けてレーザーを照射していかなければなりません。

また日焼けした肌や、毛が長く伸びきっている状態も危険です。
日焼けしてしまっている場合には施術を断られるクリニックが多く、毛も前日までに剃っておかなければなりません。

逆に毛を毛抜きやワックスで抜いてしまうと、毛根ごと処理してしまうので、レーザーが反応するための黒い毛がなくなってしまいます。
もし、自己処理で毛を抜いてしまっている場合は毛が生え揃うまで照射を待たなければなりません。

医療脱毛は医療行為にあたるので、エステサロンなどでは受けることができません。
美容外科やクリニックなど、医療機関でのみ取り扱うことができます。
もしエステサロンなどで、医療脱毛ができるところがあれば、そのサロンは違法行為に当たるので、決して施術を受けてはいけません。

医療脱毛3

45202868 - young woman receiving laser therapy

医療脱毛のメリット・デメリット

メリット

メリット①1回の照射の効果が高い

医療脱毛の最大のメリットとも言えるのが1回あたりの脱毛効果の高さです。
サロン脱毛に比べてレーザーの出力が高いため、1回の施術でも高い脱毛効果を得ることができます。

そのためサロン脱毛で通常12回かかる施術も、医療脱毛では半分の6回で済むことがほとんどです。

メリット②短期間で脱毛を完了させることができる

医療脱毛はサロン脱毛の約半分の回数で脱毛を完了することができるので、その分短期間で脱毛を終えることができます。

短期間でさくっと脱毛をしてしまいたいという方には、特におすすめです。

メリット③濃くて太い毛にも効果バツグン

サロン脱毛で使われている機械に比べて出力が高いので、濃くて太い毛への脱毛効果も高いのが特徴です。

メリット④トラブルへの対処も安心

医療機関での脱毛行為なので、もし何かトラブルが起きてしまった時にもしっかり対応してくれます。
肌に赤みがでてしまったり炎症が起こってしまった場合には薬の処方もしてもらえます。
このあたりはサロンとの大きな違いで、安心して施術を受けられるポイントのひとつです。

デメリット

デメリット①キャンペーンなどが少なく、サロンに比べて料金が高い

医療脱毛はかなり効果が高いこともあり、エステサロンに比べると高い料金設定になっています。
またエステサロンのように頻繁に格安キャンペーンを行うということも少ないので、定価で利用する場合がほとんどのようです。

デメリット②痛みを強く感じやすい

濃くて太い毛によく反応するため、痛みを強く感じやすいという特徴もあります。
エステサロンなどの脱毛では、ほとんど痛みを感じないという人もいる一方で、医療脱毛は部位によってはかなり痛かったという人も少なくないようです。
痛みがひどい場合には、別料金にはなりますが麻酔を処方してくれるクリニックもあります。

デメリット③白髪や産毛には効果が弱い

濃くて太い毛には効果が高いのですが、メラニンが少ない白髪や産毛には効果が弱いという側面もあります。
白髪や産毛もツルツルに脱毛したいという場合には、ニードル脱毛やSHR脱毛を併用した方がよさそうです。

医療脱毛4

61417015 - close-up of a male therapist giving laser epilation treatment to young woman's leg

まとめ

いかがでしたでしょうか?
医療脱毛のメリット・デメリットについて理解し、自分にあった脱毛方法を選ぶ参考にしてみてください。
医療脱毛2

おすすめの記事