費用や期間が変化する

お金

脱毛の種類は大きく分けて3種類あります。それはレーザー脱毛と光脱毛、針脱毛です。それぞれの違いは扱う機器の違いですが、効果の現れ方や料金も異なります。例えばレーザー脱毛の場合は出力の強い機器を用いて毛を作る細胞を破壊するというもので、短期間で効果が現れます。痛みが伴うことがありますが、最新機器では痛みを和らげて全身脱毛を行なうことが可能です。受ける場所によっても料金は変化しますが、レーザー脱毛で全身脱毛を行なう場合、安くて30万円、高いと100万円ほどかかると言われています。レーザー脱毛は出力が高い機器を使用するため料金もやや高くなりますが、その分高い効果が得られるのが魅力です。全身脱毛の効果の現れ方は人それぞれで異なりますが、多くても6回ほどで完了します。一方、光脱毛を使用して全身脱毛を行なうと出力が弱い機器を使用するため回数は多くなりますが、高くても50万円というようにレーザー脱毛よりも安い費用で施術が行なえます。痛みもレーザー脱毛より弱いため初めて全身脱毛を行なう人でも気軽に挑戦することが可能です。多くのエステサロンで光脱毛を行なっているので通いやすい立地にあることが多いです。レーザー脱毛や光脱毛は、特殊な光線を肌に照射して細胞にダメージを与えるというものですが、針脱毛はその仕組みが異なります。電気針を用いてダメージを与えるというもので強い痛みを伴います。痛みが強い分効果も高いものですが、もしも痛みに耐えられないようなら麻酔をしてもらうことも可能です。

機種の特徴

大阪で行われるレーザー脱毛には使用する機器によっていろいろな特徴があります。レーザー機器の1つであるヤグレーザーでは、毛の濃い部分に適したレーザー脱毛が行えるので、大阪では男性にも人気です。女性の場合にも体毛が濃い人がいますが、ヤグレーザーを使用すると高い効果が期待できます。ヤグレーザーは濃い毛以外にも、日焼けをしている肌にも効果があります。大阪では多くの場合レーザー脱毛では日焼けをした肌には効果が得られにくいと言われています。その理由はレーザー脱毛は毛の黒色に反応させてダメージを与えるものなので、肌の色と毛の色の見分けがつきにくいと反応しづらく肌への負担が大きくなるからです。どうしてヤグレーザーが日焼けした肌でも使用できるのかというと、パルス幅が調整できるからです。そのためヤグレーザーは大阪でも人気があるレーザー脱毛ですが、薄い毛にはあまり効果が期待できません。一方ダイオードレーザーというものは産毛にも反応させることができるという特徴があります。ダイオードレーザーというものは照射するレーザーの波長を調整できるというもので、濃い毛にも薄い毛にも反応させることが可能です。毛の濃い部分だけを脱毛したいと考える場合はヤグレーザーが効果的ですが、もしも濃い毛と薄い毛の両方を脱毛したいならダイオードレーザーを選ぶようにしましょう。ダイオードレーザーは照射範囲が狭いため広い面積の脱毛をするには時間がかかってしまうものですが、レーザー脱毛の中では痛みがあまりないというメリットがあります。

時期による違い

帽子を持った女性

初めて脱毛を行なう人の場合、いつ脱毛すればいいのか分からずになかなかサロンに一歩踏み出せないということがあります。脱毛を行なう時期はどの季節でもそれぞれにいい点があるので、まずは横浜のサロンに相談しましょう。例えば春に脱毛を始めると毛の成長周期に合わせて行なうことができるので効果が得られやすいのがメリットです。夏には横浜でも肌を露出する機会が増えますが、肌を出したい数週間前に施術を受けると水着を着たときにも毛が目立ちません。どのくらいで脱毛の効果が出るのかは横浜のサロンごとに違いがあるので、予定を伝えていつ頃受けるのがいいのか相談しましょう。秋に受け始める場合には施術が全て完了するのが夏前になるというメリットがあります。一方冬の場合は肌の露出が少ない季節なので万が一脱毛で肌に赤みが出た場合にも人に見られることはありません。このように、どの季節から始めた場合でも問題ありませんが、受ける季節によって値段が変わることがあります。横浜にいる多くの人が夏に合わせて脱毛を行ないたいと考えているので、春から夏にかけてはどのサロンも予約が混雑するものです。混雑時期には予約が取りにくいだけではなく料金も高くなることがあるので、なるべく空いている時期の秋や冬から始めるとお得になります。季節ごとによっていろいろなプランが用意されているのでサロンのサイトや特集記事をチェックするようにしましょう。夏に脱毛をする場合にも、人気の箇所がセットになったプランが安くなることがあります。

効果の現れ方

永久脱毛というのは、施術が完了したあと1月の間に再生する毛が2割以下であることを指します。永久に毛が生えて来なくなるというものではありませんが、毛が生えてきた場合でも薄く目立ちにくいものなのでほとんど気になりません。レーザー脱毛の場合6回程で永久脱毛ができると言われていますが、個人差があるのでもっと長くかかることは梅田でもあります。最初に決めたプランの回数が終了した後、もっと永久脱毛の効果を強く出したいと考えるなら梅田で更に施術を受けることができます。濃い毛はほとんど永久脱毛できているけれど産毛が気になるという場合、梅田では針脱毛によって細かな毛を生えてこなくさせることが可能です。レーザー脱毛の場合黒色にしか反応しないため色素の薄い毛には反応しづらいものですが、針脱毛なら一本一本狙って脱毛することができるのできれいに仕上がります。

梅田では永久脱毛を受けるときに日焼けをしてはいけないと言われています。その理由は毛と肌の区別がつきにくくなるため効果が現れにくいというのもありますが、他にも肌へのダメージが大きくなるということがあります。日焼けをした状態の肌は紫外線からの影響を受けて敏感になっていますが、そこにレーザーを照射してしまうと負担がかかるのです。施術を受ける前に日焼けするのもよくありませんが、施術直後に日焼けするのも避けるようにしましょう。肌に優しい機器を使用して施術した場合でも、肌にダメージを加えているので熱を持ちやすいです。そこへ紫外線を当ててしまうと刺激が強すぎるため赤みが出ることや炎症を起こすことがあります。施術後にはきちんと日焼け対策をして、ほてるようなら冷やすことが大切です。

おすすめの記事