医師のレーザー脱毛

エステを受ける女性

脱毛は頻繁な処理がわずらわしい作業です。また、処理をするたび肌に刺激を与え、そのせいで黒ずみや毛穴の荒れが起こりやすくなるからとされています。 こうした悩みを脱毛をすることで解消できるとなれば、人気になるのも当然と受け止められているようです。 さて、こうした脱毛人気を牽引しているのは、CMや広告で有名な脱毛エステです。

その結果、多くの人は脱毛=脱毛エステの施術といったイメージを持つとされています。 しかし、脱毛はエステだけでなく、医療機関であるクリニックでも行われているのです。 気をつけたいのは、エステとクリニックでは脱毛方法に違いがあり、その特徴も違うということです。脱毛にチャレンジする前にはこうした違いを知り、自分に合った方法を選ぶことが結果の満足度が高いとされています。

人気のエステによる脱毛は、光を使った光脱毛と呼ばれる方法です。 この方法の特徴は、穏やかな作用で痛みが少ないとされていることです。 しかし、その反面効果がやや弱く、脱毛完了までかなり時間がかかる場合があり、また完了してもしばらく経つと再びムダ毛が生えてくる可能性が高いとされているのです。

一方、クリニックで行われる脱毛は、光より強力な医療レーザーを使用したレーザー脱毛です。 このレーザー脱毛は威力が強いため、医師もしくは医師の監視下による看護師のみが施術できるというものなのです。 レーザー脱毛の特徴は、この威力の強さのおかげで永久脱毛も可能とされるほどの高い効果があげられます。

ただ、一部にレーザー脱毛は医療機関での施術とあって費用が高いという指摘があるとされていますが、脱毛効果が高いことから施術回数が少なく完了できるため、実際トータルではエステとさほど変わらないとされているのです。

 

キレイに脱毛

レーザー脱毛は脱毛したい部分にレーザーの光を当てる事によって脱毛する方法です。脱毛したい部分に光を当てるだけであるので、それまでの脱毛方法と比べると短時間で処理が出来るようになりました。ただ、光を当てるだけでどうして脱毛できるのか、そんな光が肌に当たったら問題が無いのか、そんなレーザー脱毛の疑問について説明をします。

光と一言で言っても波長の違いによって様々な性質の違いが生じます。例えば、紫外線は肌に有害で目に見えませんが、光には目に見える可視光もあります。これは波長の違いによるもので、レーザー脱毛は毛に含まれているメラニンという物質が反応するように波長が調整されています。反応して熱を発生して、その熱で脱毛するのです。そのために周囲の肌に光が当たっても基本的には問題もないようになっています。

レーザー脱毛は強力なエネルギーの光を用いるために、フラッシュ脱毛よりも効果が高く、照射する必要がある回数も少なくて済むというメリットがあります。その一方で出力が高いために脱毛する際の痛みが強いという欠点も挙げられます。そのために、痛いのが苦手という人の中は、脱毛しようとする際にレーザー脱毛を受けるのを躊躇う人もいます。

レーザー脱毛はクリニックで処置するために、医療行為に当たる麻酔行為を行う事が出来る場合が多いです。だからこそ痛いのが苦手という場合には、追加料金が必要となる場合が多いですが、麻酔を行う事で痛みを避ける事も可能です。 痛いのが嫌でレーザー脱毛を避けている人も、痛みがほとんど無くレーザー脱毛を受ける方法はあるのです。

 

医療で使われている

ムダ毛を脱毛する主な方法には脱毛サロンでの光脱毛と、クリニックでの医療レーザー脱毛があります。 どちらも原理は同じで、黒いメラニンに反応する光を肌に照射して、ムダ毛が生えてくる元となる組織や細胞にダメージを与えることで、ムダ毛を生えにくくします。

回数を重ねるごとにムダ毛はどんどん薄く減ってくれて、生えてくるスピードも遅くなります。 光脱毛とレーザー脱毛の大きな違いは、その照射パワーにあります。 レーザー脱毛は光脱毛のおよそ2、3倍ものパワーがあるので、細胞や組織などを破壊することが可能です。 そのため、1回の施術でしっかりと効果を出すことができて、通う期間が短くてすむというメリットがあります。 最近では料金も下がってきていて、利用しやすくなっています。

ムダ毛の悩みをしっかりと改善してくれて、肌に負担をかけずにムダ毛をどんどん減らしていけるのが、医療レーザー脱毛です。 ムダ毛が作られている細胞や組織を死滅させることができるので、施術を重ねることで、最終的にはムダ毛が生えてこないつるつる肌になることも可能です。

メラニンに反応するレーザー機器で施術を行い、濃くて太い毛もしっかりと脱毛することができて、産毛のような薄い毛にも反応してくれます。 以前は痛みが強いという欠点もありましたが、最近ではレーザー機器も進化していて、従来の機器よりも痛みは約4分の1から3分の1程度に減っています。 また、クリニックなどの医療機関で施術が行われるため、安心感があります。 万が一トラブルが起きた場合でも、迅速に対処してもらえます。

 

受ける際の注意点

ペンとノート

半袖シャツや短パンなど、初夏を迎えた頃からお肌を露出するファッションになる機会が、多くなります。 そのタイミングでむだ毛の処理を始めると言う人も多くなります。 一般的には、脱毛用のクリームやジェルなどの薬剤を用いた方法、あるいは美容カミソリなどをはじめとする脱毛用機器の利用により自己処理が、多く見受けることが出来ます。

しかし、自己処理の場合、うっかりお手入れを忘れてしまった、などと言うエピソードも珍しくありません。 このような失敗を防ぐ、あるいは自己処理の煩わしさから解放される手段として、エステティックサロンや、美容系の医療機関による、脱毛施術を検討されるケースもあります。 これらの施設では、レーザー脱毛が主流と言えます。

では、エステティックサロンと医療施設のどちらでレーザー脱毛を受けるのが良いのでしょうか。 サロンと医療機関で用いられる、レーザー脱毛用の機器は、出力の大きさが違いの一つになります。サロンで用いられる機器は、出力が比較的低いタイプであることから、お肌への刺激も少ないと考えることが出来ます。

また、医療機関は資格を持った医師による施術であることから、出力が大きくなり、施術の効果も高いと考えることが出来ます。 このように、どちらの施設でのレーザー脱毛も、それぞれメリットがあることから、自分のニーズに合った所を選ぶのが良いのではないでしょうか。 また、施術に対する疑問や不安な点は、カウンセリング時に解消するとよいでしょう。

おすすめの記事