豆知識

痩身施術を受ける際には、より効果をあげるために気を付けたいことがあります。 それは水分の摂取量です。 施術を受ける前に水分を取り過ぎてしまうと、体質によってはむくみが出てしまい効果が半減してしまうこともあるのです。

それではせっかく痩身施術を受けたのに勿体無いこととなってしまいます。 どうせなら万全の体制で、より効果が出る状態で受けたいものです。 ですので、施術の前日は水分を控えめにしておく方が無難でしょう。

だからといって、全く摂取しないのも身体のためには良くありません。 ですので喉が渇いたら、人肌ほどのぬるま湯をコップ一杯程度飲むのが良いのです。 この時ゆっくりと飲むことが大切となり、これは飲み過ぎ防止にも繋がります。

痩身エステには、いくつかの種類があります。 人の手によるマッサージ法式のものもあれば、最先端の機械を駆使した痩身術もあります。 しかしそうした法式の違いの他に、脂肪の違いについても知っておいて損はありません。

というのも脂肪の違いによって、受ける施術を変えると効果が上がることがあるからなのです。 では脂肪の違いとは何かというと、セルライト、皮下脂肪、内臓脂肪といった違いです。

自分がどの脂肪が付きやすいかを知ることは、痩身への近道となります。 脂肪の種類によって、もっとも大きな効果を発揮する施術を選ぶことで、効率良く痩せることが出来るというわけです。 脂肪の付き方というのは体質によるところも大きいですので、一度調べおいても損はないでしょう。

 

メニュー

近年、美意識がある人が増えてきてエステ業界の増加の傾向にあります。以前はエステと言えば高額なイメージがありましたが、最近のエステは誰でも気軽に入れて続けられるようなシステム設定になっているサロンが多く見られます。

エステの内容としては、フェイシャルやボディ、フット、ハンドなどのケアですが、ヘッドマッサージや足つぼなどもメニューに加えているサロンもあります。

美意識が高い女性はお顔の手入れなどやダイエット法にボディケアされたり健康に気を使う人は足つぼや頭にも沢山のつぼがありますのでヘッドマッサージなどを選ばれる傾向にあります。

自宅で出来るホームエステの指導などもされているサロンも多いです。サロンだけのケアではなく毎日のケアが大切と考えます。

エステサロンの利用でどんな効果を得られるのか考えてみましょう。

フェイシャルやボディ、フット、ハンドなどのエステメニューは、直接お顔や体などを触りますので血流が良くなります。それによって改善される痛みやコリなどがあります。手から出る人間の温かい温もりや気などで体はほぐれていき、心もリラックスします。また、アロマなどを炊いたりアロマオイルなどを使用したエステですと香りで癒されます。

料金設定なども続けていただきたいと思う気持ちから良心的に設定してあるサロンも沢山ありますのでネット検索などでHPの掲載で確認されて参考にしてみましょう。エステサロン専用のサイトや地域で選択されると探しやすいと思われます。

疲れた体をほぐして心までもリラックスした暮らしは素敵な事です。

エステ イラスト カラー

コスト

エステに通いたいと考えているけれどもあまりお金をかけたくないと思っている方は少なくないはずです。エステは高額なイメージがあるかもしれませんが、近年では誰でも受けれるようにと費用もお手頃になりつつあります。

そして一括払いではなく、ローンを組むことが出来たり月額制のサロンもありますから負担を感じることはあまりないでしょう。上手に利用することが出来れば低コストで済みます。

まずは契約する前にお得なプランとされているお試しコースなどを受けてみることをオススメします。現在は格安で試すことが出来るプランやモニターになれば費用が掛からないエステもありますからお金をかけるのに抵抗があるひとはそういったシステムを利用してみるのも良いでしょう。

まずは痩せやすい身体を作ることがダイエットには必要になるでしょう。どのようにして作れば良いかと言いますと定期的にトリートメントを受けることが大切になります。

社会人になってから身体を動かす機会が減ったという方は数多くいらっしゃるでしょう。筋肉は刺激を与えてあげないと老化していきます。基礎代謝もだんだん低下してしまいますから運動する習慣がない人こそ刺激を与える必要があるのです。 その手段として用いられるものがエステでもあります。

筋肉をほぐすとともに滞っていた体内の老廃物を一気に流すことが出来ます。 それにより、痩せやすい身体を作り上げることが出来ると言ったも良いでしょう。一度ではなく習慣として受けると更に効果が高まります。

注意

医療脱毛は病院で出来る安全な脱毛ですが、自分自身で気をつけなければならないこともあります。医療脱毛をする前にしてはいけないのが毛抜きを使って毛を抜くことです。

毛根に作用する働きがあるレーザー脱毛は、毛がある状態だからこそ効き目があります。黒いメラニン色素に反応して毛母細胞を破壊することで脱毛ができる仕組みになっているからです。 従って、毛そのものを抜いてしまうと、レーザーを照射しても脱毛効果が得られなくなります。

医療脱毛をすることが決まったら、脱毛をする部位のムダ毛は抜かないで剃刀などで剃っておくのが基本です。 また、夏に腕や足などを露出すると日焼けして脱毛ができなくなるので、日焼けをしないように気を付けることも大事です。

医療脱毛をする前に知っておくといいのがヘアサイクル(毛周期)や毛のしくみについてです。毛根部にある「毛母細胞」はむだ毛の成長のもととなっている細胞です。

毛母細胞の中心部には「毛乳頭」というのがあります。毛乳頭は毛細血管を通して体から必要な栄養素を取り込み、それをもとにして毛母細胞にむだ毛を製造するように指令を出します。その指令をうけた毛母細胞が細胞分裂を行い、細胞分裂したむだ毛が成長して皮膚の表面に出てきます。

成長期、休止期、退行期の毛周期はだいたい二ヵ月〜三ヵ月に一回のペースでくり返されます。成長期にあるむだ毛に医療レーザーを照射することで、毛母細胞の細胞分裂を抑えて死滅させることができます。

毛の周期

脱毛をするときに関係してくるのが毛周期です。ほとんどの脱毛は、「成長期」「退行期」「休止期」の毛周期に沿ってしなければならないため、時間がかかります。

毛周期は毛が生えている部位によって異なります。例えば髪の毛の成長期は長いと5年くらいですが、脇の下のムダ毛の成長期は3ヵ月くらいと言われています。

腕や足のムダ毛もだいたい3ヵ月くらいで、アンダーヘアは2年ほどだそうです。また、毛周期には個人差もあり、成長期が長い人もいれば短い人もいます。

エステサロンはクリニックなどの脱毛マシンは成長期のムダ毛にしか効果がないため、成長期に入っている間だけ脱毛することができます。2ヵ月に一回くらいのペースで通って脱毛するのが一般的です。

脱毛を短期間で終わらせたいなら医療レーザーが最適です。医療レーザーは皮膚科クリニックなどで採用されている脱毛マシンで、一回施術をすれば高い効果があります。

エステサロンは毛周期に沿って二ヵ月に一回、合計18回以上通わないと納得した効果がありませんが、医療レーザーなら二ヵ月に一回、合計6回、つまり一年も通えばすべすべの肌になります。 一回あたりの料金が高いのがネックですが、それでも回数が少なく脱毛が終わるので、総合的に見るとお得な料金のところもあります。

また、医療レーザーはアンチエイジング治療にも使用されていて、肌の引き締め効果やリフトアップ効果などもあります。肌の若返りという嬉しい副作用もあるのです。

おすすめの記事