ニードル脱毛についてしっかり理解していますか?

「ニードル脱毛は料金が高い」
「ニードル脱毛は痛いから受けない」
など、ネガティブなイメージが先行しているように思います。

しかしニードル脱毛には光脱毛やレーザー脱毛とは違うメリットもいっぱいあるのです。

ニードル脱毛のメリットやデメリットについてしっかり理解して、賢く脱毛していきましょう。
光脱毛やレーザー脱毛と併せて賢く脱毛する方法についてもご紹介していきます。

ニードル脱毛とは?

仕組み

ニードル脱毛とは針脱毛とも呼ばれ、その名の通り針を使った脱毛法です。
電気針を毛穴に刺し、毛根に弱電流を流し、毛を生やす細胞を破壊することで脱毛していく方法です。
毛穴1本1本に指し脱毛していくので、狙った毛を確実に脱毛することができます。
そのため、唯一永久脱毛ができる方法として認められています。

痛み

ニードル脱毛は脱毛法の中で最も痛いと言われており、レーザー脱毛よりも強い痛みを伴います。
針を刺す痛みに加え、電気が流れると多少ビリビリとしたような痛みがあります。
部位にもよりますが、痛み自体我慢できないほどの痛みではありません。
しかし、毛を1本1本脱毛してくことになるので時間がかかり、長時間痛みが続くことが辛いという人が多いようです。

施術にかかる期間

ニードル脱毛は毛1本1本を脱毛していくので、それだけ時間もかかります。
指の毛などの小さい範囲であれば、脱毛完了までにそれほど時間はかかりませんが、足や腕などの広い範囲となると時間がかかります。

また、痛みが長時間続くので、1回の施術で全範囲を脱毛するということは難しいようです。
1つの範囲を脱毛するにしても数回に分けての施術が必要になります。

女性の脚

サロンとクリニックでのニードル脱毛の違い

美容クリニック以外にも、エステサロンでもニードル脱毛を受けることができます。
毛穴に針を刺して電気を流して脱毛するという流れは変わりません。
しかし、美容クリニックとエステサロンの違いは使用する針にあります。

美容クリニックは絶縁針脱毛

美容クリニックのニードル脱毛で用いられる針は絶縁針といって、針を毛穴に刺した時に皮膚に当たる部分には電気が流れないよう加工されているタイプです。
針に流した電気が毛根へ集中させることができるので、効率よく脱毛していくことができます。
針から直接皮膚へと電気が流れることがないので、やけどや肌トラブルの可能性もぐっと抑えることができます。

医師免許、もしくは看護師免許をもっている人しか扱うことができません。
感染症などのリスクを避ける為に、個人専用の針を使用したり血液検査などを行ってくれます。
個人専用の針を使用したり、血液検査などは別途料金がかかりますので注意しましょう。

エステサロンは美容電気脱毛

エステサロンで使われている針はプローブと呼ばれる、針の先端が丸くなっていて使い捨てできるタイプを使用します。
使い捨てなので非常に衛生的ですし、血液検査なども特に必要がないので脱毛のみの料金で抑えることができます。

ただ、美容クリニックの絶縁針のように絶縁加工がされていないので、皮膚にあたる部分にも電気が流れてしまいます。
そのため、電気の出力を下げて施術していくため、絶縁針脱毛に比べると効果が落ちてしまいます。
出力が低いと少しずつ電気を流すことになるので、絶縁針脱毛よりも1本の毛を抜くのにかかる時間が多少長くなります。

ニードル脱毛の施術前後の注意点

ニードル脱毛を受ける前には注意しないと行けなければならないことがいくつかあります。

毛を抜かない

毛を抜いてしまうと毛根が残りません。
そのため施術を行っても、毛根の毛を生やす細胞を破壊することができないので無意味なものとなってしまいます。
また埋没毛などの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあるので、脱毛完了までにかかる期間が長くなってしまう恐れもあります。

毛を剃らない

毛を抜いてはいけないことに加えて、脱毛直前に剃ってもいけません。
毛に沿って針を毛穴に刺すので、ある程度毛の長さがないと分かりづらいためです。
また、施術を行う前に毛量がどのぐらいなのかと、どの部分に生えているのかなどを確認する為にも毛の長さが必要です。

基本的には1~2ミリ程度の長さがあれば大丈夫なのですが、クリニックによっては「2週間剃らないで下さい」などと指示されることもあるので、施術を受けるクリニックの指示に従って下さい。

飲酒は控える

お酒を飲むと血行がよくなり、体温があがってしまいます。
そうすると、肌が敏感になり痛みやかゆみを感じやすくなってしまうからです。

薬の服用や予防接種は控える

ニードル脱毛に限ったことではありませんが、脱毛を受ける前に薬の服用はしないようにして下さい。
稀に健康障害が現れたり、肌荒れや色素沈着などの肌トラブルが起こりやすくなるからです。
普段から薬の服用をしている人は、施術を受けるクリニックに事前に確認するようにして下さい。

また予防接種の直後は、体が免疫をつけている期間なので、脱毛が刺激となり体調を崩してしまう恐れがあります。
そういった事態を防ぐためにも、予防接種は脱毛の1週間前には済ませておくようにしましょう。

ニードル脱毛のメリット・デメリット

【メリット】

①効果の実感が早い

ニードル脱毛で1回脱毛してしまえば、同じ毛穴から毛が生えてくることはありません。
なので脱毛の効果をすぐに実感することができます。

②白髪や産毛などの色素の薄い毛も脱毛できる

レーザー脱毛や光脱毛は毛の黒い色素であるメラニンに反応させて脱毛していきます。
しかしニードル脱毛は毛穴1つ1つに針を刺して脱毛していくので、色素の薄い白髪や産毛も脱毛することができます。

③肌質も部位も選ばない

レーザー脱毛や光脱毛は肌のメラニンにも反応するため、日焼けして黒くなった肌には照射できません。
しかしニードル脱毛は日焼けしている肌でも、大きなほくろ、タトゥー、シミがある肌でも照射できます。

また、レーザー脱毛などでは照射が難しい眉毛や目の周り、Iラインなどの粘膜部分にも照射できます。
色素の濃い乳輪周りもしっかりと脱毛することができます。

④毛周期は関係ない

ニードル脱毛は毛が生えてさえいれば脱毛できるので、毛周期に合わせて期間を空けたりする必要がありません。
毛周期を気にして脱毛の予定を入れる必要がないので、予定を立てやすいのもメリットです。

⑤脱毛完了までの期間が短い

ニードル脱毛は毛周期に関係なく脱毛することができるので、光脱毛やレーザー脱毛と比べると短期間で脱毛を完了することができます。
また、一度脱毛した毛穴からは二度と怪我生えてこなくなるほど、脱毛効果も抜群なので短期間で脱毛を完了させたい人にはおすすめです。

⑥毛量の調整もできる

光脱毛やレーザ脱毛では一度に広範囲に照射するので、毛量の調整をすることは難しいです。
しかし、ニードル脱毛であれば一つ一つどの毛穴を脱毛していくか確認しながら進めていくので、簡単に毛量の調整を行うことができます。

⑦脱毛前に剃る必要がない

光脱毛やレーザー脱毛の施術前には、きれいにムダ毛を剃らなければなりません。
もし剃り残しがあった場合は、シェービング代を請求されることもあります。
しかし、ニードル脱毛の場合は1〜2ミリ程毛を伸ばして行かなくてはなりません。
ですので、施術前にムダ毛を剃る必要はなく、シェービング代を請求されることもありません。

【デメリット】

①痛い

ニードル脱毛の最大のデメリットはとにかく痛いということです。
麻酔をして施術をすることもできますが、それでも痛みはでます。
痛みに弱い方にはおすすめできません。

②料金が高い

ニードル脱毛はレーザー脱毛などと違い、1本当たりの価格や時間単位での料金設定になっています。
ですので、広範囲などを脱毛するとなると料金が高くついてしまいます。
範囲にもよりますが脇脱毛の場合、レーザー脱毛の約6倍の6万円ほどかかります。

③1回の施術時間が長い

一度に広範囲を脱毛できる光脱毛やレーザー脱毛と違って、ニードル脱毛は毛穴一つ一つに針を刺していきます。
レーザー脱毛なら5分ほどで終わる脇も、ニードル脱毛では1時間から1時間半ほどかかります。

④施術後肌トラブルが起こる可能性も

万が一、皮膚に電流が触れてしまうと肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。
やけどや腫れ、毛のう炎が起こる場合もあります。
脱毛後、肌に少しでも違和感を感じるのであれば、病院で抗炎症剤を処方してもらいましょう。

ただ電流が皮膚に触れたといっても、重大な副作用や後遺症が残るほどのことはないので安心してください。

心配な方はカウンセリング時に、肌トラブルが起こった場合にどのように対応してくれるのか質問しておくといいでしょう。

ニードル脱毛が向いている部位

ニードル脱毛は脱毛効果は抜群ですが、料金が高かったりなにより痛を強く感じるというデメリットがあります。
ですので、ニードル脱毛をする際は光脱毛やレーザー脱毛と併用して行うことがおすすめです。

それぞれの脱毛方法の使い分けとしては下記を参考にしてみてください。

光脱毛・レーザー脱毛→毛が濃く太い部位や範囲が広い部位
ニードル脱毛→産毛・白髪や範囲の狭い部位

ニードル脱毛は範囲の狭い手の指や足の指の脱毛におすすめです。

また光脱毛やレーザー脱毛を受けた後、仕上げとしてニードル脱毛がおすすめです。
ちょろちょろと生えてくる毛であれば、本数も少ないので料金もあまりかからず痛みも少なく脱毛することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ニードル脱毛の仕組みや種類などを知ることで、自分に合った脱毛法を選ぶことができます。

ニードル脱毛は全身の脱毛として行うのではなく、光脱毛やレーザー脱毛では脱毛しづらい部位や色素の薄い毛の脱毛として行うのがおすすめです。

料金や痛みの面からも部位などを限定して行うことが、賢いニードル脱毛の方法です。

ご自分の脱毛したい部位の様子をみて、ニードル脱毛した方がいいのか検討してくださいね。

おすすめの記事