毛抜きでのムダ毛処理は、1度抜くとツルツルな状態がしばらく保てることから、自己処理として取り入れている人も多いのではないでしょうか。

ツルツルな肌が持続することが1番の魅力ですが、手入れの仕方にも注意したいポイントがあります。

手入れの仕方を間違えてしまうと、肌トラブルの元になってしまうことも…

毛抜きでの正しい自己処理法や、おすすめの毛抜きをご紹介していきます。

毛抜きでムダ毛処理する理由は?

毛抜きは安く手に入るし、根元からムダ毛を引っこ抜くことができるので処理後はしばらくツルツルした状態を保つことができます。

1本1本の処理は面倒だし、部位によっては痛いところもありますね。

でもこれさえ我慢して手入れを続ければ毛質もだんだんと薄くなっていき、ツルツル状態も長く維持することができます。

このようなメリットから、毛抜きでムダ毛処理する方も少なくはありませんが、たくさんの肌トラブルを招く原因ともなるので注意したほうが良いですよ。

毛抜きは肌トラブルの元

その肌トラブルは毛抜きによるムダ毛処理が原因かもしれません。当てはまることがないか確認してみましょう。

肌トラブルと原因

内出血

毛抜きでムダ毛を引っ張ったときに皮膚も引っ張られてしまいます。その時に皮膚の下の血管が傷つき内出血を起こしてしまいます。内出血を繰り返すと肌へも負担がかかるし、せっかくムダ毛処理しても見た目が綺麗ではなくなります。

埋没毛

毛穴よりも太い毛根の毛を抜くと毛穴が傷つきかさぶたになったり新しい皮膚が毛穴を閉じたりしてしまいます。毛穴が閉じると次に生えてくる毛が皮膚表面上に出てこれないので中で曲がったりトグロを巻いた状態で見えてしまいます。見た目も悪く、自分で処理しようとすると再び肌へダメージを与えることになります。

色素沈着

毛抜きでムダ毛を抜いた後に内出血する方は、その部分が色素沈着する可能性があります。また、毛を抜く時の刺激によって肌がメラニン色素を発生させます。1~2回ですぐに色素沈着するわけではありませんが、継続しているとなりやすいので注意しないと黒ずんだ肌になってしまいます。

毛穴開き

皮膚の下にある毛根部分は毛穴よりも大きいので、毛抜きで抜くと無理やりに開かれてしまうことになります。開いた毛穴は少しずつ小さくなって元にもどりますが、毛抜きによるムダ毛処理を続けていると、毛穴が開きっぱなしになって肌状態が悪くなってしまいます。

毛のう炎

毛抜きでムダ毛処理をした後に毛穴が傷ついてそこに菌が入り込んでしまうと、炎症を起こしてしまいます。ニキビのような感じに炎症を起して、悪化するとかゆみや痛みの症状が出てしまいます。

肌トラブルを招きにくくする毛抜きの使い方

毛抜きのムダ毛処理による肌トラブルは多くありますが、処理方法を意識すればトラブルを予防することができます。毛穴の使い方とケア方法を紹介します。

抜く前のケア

ムダ毛を処理する前は体を清潔な状態にしておきましょう。できれば入浴後がおすすめです。

毛穴よりも大きい毛根が少しでもスムーズに通れるように、毛穴を広げて置きましょう。

毛穴を広げる方法は、清潔なタオルを濡らしてレンジで数十秒加熱します。それを処理する部分に当てて毛穴を開かせます。

蒸しタオルが熱い場合は少し冷ましてから当てて下さい。

正しい抜き方

準備が整ったら毛抜きを使ってムダ毛を1本1本抜いていきます。

抜く時は、毛の生えている方法と同じ方法に向かって抜いていきます。

毛の生えている方向とは逆に抜いてしまうと肌トラブルの原因となるので注意しましょう。

抜いた後のケア

抜き終わったら清潔なタオルを冷水に着けて冷たくします。

処理後のお肌に当てて毛穴を閉じます。冷やすことで肌トラブルを予防することができるので忘れないようにしましょう。

毛穴を締めた後はしっかり保湿をしてお肌を守りましょう。

毛抜きの種類

平先タイプ

毛抜きといえば平先タイプを思い浮かべる人が多いほど、1番多く普及しているタイプです。

100円均一で売られていたり、お手入れセットなどにも入っているので、手に入りやすいのも特徴です。

幅が広いので、毛抜きに慣れていない方でも毛を掴みやすいです。

用途⇒寝ている毛を起こす、密集している部分をかき分ける

先斜めタイプ

お手入れセットに平先タイプと同梱されていることが多い先斜めタイプ。

平先タイプの次に普及しているタイプです。

先が細いので平先タイプに比べて、よりピンポイントで毛を掴むことができます。

用途⇒眉毛やまつげなどの細かい部分の作業

細先タイプ

先が尖っているタイプの毛抜きです。

先斜めタイプより更に細かい作業に適しています。

用途⇒まつげ部分などの細かい作業、鼻の角栓のケア

ハサミタイプ

持ち手部分がハサミになっているタイプの毛抜きで、毛抜きの挟むという作業が苦手な人におすすめです。

ただ商品によってはピンセットタイプより力を入れにくいこともあるようです。

なので、太い毛や濃い毛の処理には向かないかもしれません。

用途⇒ピンセットタイプお挟む動作が苦手な人

携帯タイプ

持ち運びに便利なのが携帯タイプです。

先端が引っかからないようにキャップがついていたり、専用のポーチがついています。

スティックタイプが多いので、キャップをしめてしまえば毛抜きと分からないのも特徴です。

用途⇒普段から持ち歩く用

おすすめの毛抜き

アテニア ツィザー

参考価格:800円

先端部分が細くなっているので、眉毛などの細かい部分の処理に適しています。#444444
また力を入れやすいよう持ちて手の部分は太さがあるので、太くて濃い毛でも力を入れることなくスッと抜くます。
専用ケースもついているので、衛生面も安心です。

 

アナスタシア ツィザー

参考価格:3500円

先端の角度や力の入り具合を独自にカスタムした毛抜き。
短く細い毛でも見逃すことなく、しっかり捉えます。
眉毛トリートメント専門サロンの施術で使われるほどの実力です。

 

貝印 関孫六ワンタッチ毛抜き

参考価格:1200円

関孫六ワンタッチ毛抜きは抜きたい毛を挟んだ状態で、持ち手の部分を押すと金属部分が引っ込み、自動で毛を抜いてくれます。
自動で抜いてくれるので、力が要らず広範囲を一気に脱毛したい時にもおすすめです。

 

NOOK 新しい毛抜き NOOK(ヌーク)

参考価格:2000円

今までの毛抜きとは全く違う、先端が丸いデザインが特徴のNOOK。
角がないので、毛抜きを使い慣れていない方でも、安心して使えるのが特徴です。
毛を挟む面が広いので、一度に4~5本の毛をまとめて抜くこともできます。

 

倉田満峰作 毛抜き(斜刃) ミラー仕上げ

参考価格:17730円

10000円を超える超高級毛抜きの倉田満峰作の毛抜き。
1つ買えば一生使えると言われるほどの逸品です。
130年にわたり「江戸手打毛抜き」を作ってきた職人達が作っており、毛を掴んだ時の力のかかり具合まで計算して作られています。
どんな細い毛も見逃さない使い心地は、二度と他の毛抜きを使えなくなると言われるほどです。
注文から届くまでに数ヶ月かかるという人気商品です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

毛抜きでの処理は肌トラブルさえ回避できれば、ツルツルな状態の肌を持続できるという大きなメリットがあります。

正しい処理の仕方を実践して、肌トラブルのないツルツルな肌を手に入れましょう。

 

おすすめの記事