脱毛サロンや美容クリニック並の効果があり、自分の好きなタイミングで脱毛できると人気の家庭用脱毛器。
実は正しく使わないと肌トラブルを起こすなどのデメリットもあるのです。

正しく家庭用脱毛器を使って、肌トラブルの心配なく自宅でもツルスベの肌を手に入れてしまいましょう。

家庭用脱毛器とは?

家庭用脱毛器は大きく分けて2種類あります。
光やレーザーを毛のメラニン色素に反応させて脱毛するタイプと、毛を焼き切って除毛するタイプです。
その中でも今回は、光やレーザーを利用した家庭用脱毛器についてご紹介していきます。

光脱毛器

光脱毛は強い光を脱毛したい部位にあてて脱毛していく方法です。
光に毛のメラニン色素が反応し、毛根の毛を生やす細胞にダメージを与えます。
そうすることで、毛が生えてくるスピードを遅らせることができます。

レーザー脱毛器

レーザー脱毛器は光脱毛器よりもパワーの強いレーザーを脱毛したい部位に当てて脱毛していく方法です。
光脱毛と同じく毛のメラニン色素に反応して毛根の毛を生やす細胞破壊していきます。
光脱毛が毛が生えてくるスピードを遅らせるのに対して、レーザー脱毛は、二度とムダ毛が生えてこないようにする効果が期待できます。

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

【メリット】

●自分の好きなタイミングで脱毛できる
家庭用脱毛器のメリットはなんと言っても自宅で好きな時間に好きな部位を脱毛できるという点でしょう。
脱毛サロンや美容クリニックに通うとなると、時間の調整も必要になってきますし、場所が離れている場合には時間も交通費もかかってきてしまいます。
しかし家庭用脱毛器はそういった制約がないので、時間のない忙しい方にもおすすめです。

●リーズナブルに脱毛できる
また価格的にも脱毛サロンや美容クリニックに比べると、家庭用脱毛器の方がリーズナブルに脱毛できます。
脱毛サロンや美容クリニックでもかなりリーズナブルな脱毛プランが次々と出されていますが、それよりもリーズナブルな価格でサロンやクリニックと同じような脱毛効果が期待できます。
カートリッジを買い足すなどすれば何年でも、自宅で気軽に脱毛を続けることができます。

【デメリット】

●サロンやクリニックに比べると出力が低い
脱毛サロンや美容クリニックと同じような施術ができるといっても、医師免許や看護師が扱う訳ではないので、素人でも安全に使えるよう出力は低く設定されています。

●効果を実感するのに時間がかかる
出力が低いのでその分、脱毛効果がでてくるまでに時間がかかります。
脱毛ダロンや美容クリニックのように通い始めた直後から効果を実感するということは難しいでしょう。

●肌トラブルが起こる可能性がある
脱毛行為は肌にとっては負担がかかるため、肌が乾燥しやすくなってしまいます。
脱毛サロンや美容クリニックであれば、ある程度アフターケアなど行ってくれるところもありますが、家庭用脱毛器を使って脱毛していくとなると自分でしっかりアフターケアしなければなりません。
アフターケアを怠ってしまうと、肌トラブルを引き起こしてしまいやすくなります。

またアフターケアを行ってもそれが充分でない場合、肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

正しく使わないとトラブルを招いてしまうことも

安全に使えるよう設計されている家庭用脱毛器ですが、使い方を間違えてしまうと思わぬトラブルを招いてしまう原因にもなります。
引き起こす恐れのあるトラブルについて見ていきましょう。

やけど

光やレーザーは強い熱エネルギーを発します。
家庭用とはいえ出力をあげすぎると、やけどしてしまう恐れももあります。
早く脱毛したいからといって、むやみに出力をあげるのはやめましょう。

毛穴の炎症

光やレーザーなどの刺激が加わると、毛穴の炎症を引き起こしてしまう可能性もあります。
これもやけどと同じく脱毛器の出力をあげてしまいすぎると、炎症が起こりやすくなってしまいます。

家庭用脱毛器を使う前の準備

家庭用脱毛器でキレイにムダ毛を処理していくには、事前の準備が大切になってきます。
家庭用脱毛器の事前準備について見ていきましょう。

毛根を残す

光やレーザーは毛のメラニン色素に反応させて、毛根周辺の毛を生やす細胞にダメージを与え脱毛していきます。
ですので、毛抜きなどで処理をした直後は毛根が残っていない状態なので、光やレーザーを当てても脱毛することができません。

家庭用脱毛器で脱毛する約1ヶ月前からは。毛抜きなどで毛を抜く処理は控えるようにしてください。

毛を出来るだけ短くする

毛が長いと、その分光やレーザーに反応する部分も多くなるので痛みを感じやすくなったり、やけどの原因になってしまうこともあります。
ですので、毛の長さはできるだけ短く処理しておくようにしましょう。

ほくろの上に絆創膏を貼る

ほくろの黒い色素も毛と同じメラニン色素でできています。
ですので、ほくろにそのまま光やレーザーを当ててしまうと、ほくろのメラニン色素に反応してしまい、やけどしてしまいます。
やけどを防ぐためにも
ほくろの上には事前に絆創膏を貼るなどして、ほくろに光やレーザーが当たらないようにしておきましょう。

肌を冷やす

家庭用脱毛器の光やレーザーは肌へ熱エネルギーを与えます。
この熱エネルギーが強いと肌への負担になってしまいます。
しかし脱毛していく前に、肌を冷やすと肌への負担を軽減することができます。
また、痛みを軽減することにも繋がります。

家庭用脱毛器の正しい使い方

次に家庭用脱毛器の正しい使い方について見ていきましょう。

基本の手順

①毛を剃る

事前に毛を剃って短くしておく必要があります。
しかし、光やレーザーを照射することも、カミソリで毛を剃ることも肌にとっては刺激です。
光やレーザーを当てる直前にカミソリで剃ってしまうと、肌への刺激が大きくなってしまうので、カミソリでの処理は脱毛する2~3日前に済ませておくといいでしょう。

②照射レベルの調整

照射レベルは脱毛する部位によって調整しましょう。
毛の濃い部分はそれだけメラニン色素も多いので、その分痛みを強く感じてしまいます。
ワキやVラインなどは毛が濃く痛みを感じやすいので、出力を下げて照射した方がいいでしょう。
腕や足などは、ワキやVラインほど痛みを感じないので、出力をあげて照射しても大丈夫です。

高い脱毛効果を得るために、痛みを我慢して出力をあげて照射することはしないでください。
肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

③肌を冷やす

光やレーザーを照射する前に、保冷剤などで肌を冷やしましょう。
肌に保冷剤などを数秒程度あてるだけで大丈夫です。
照射前に肌を冷やすことで痛みを軽減したり、肌への刺激を軽減することができます。

④照射

準備ができたら実際に照射していきます。
光やレーザーは一瞬だけ光るので、照射して場所をずらして、照射して場所をずらしてを繰り返していきます。

難しいのですが、なるべく一度照射した範囲に重ならないように、また照射漏れする部位がないように照射していくことが必要です。

効率よく照射していくには、肌に化粧用の白いペンシルで目印をつけて照射漏れがないようにします。
広範囲を冷やして、冷やした範囲に照射していくというのを繰り返しましょう。

⑤照射後に肌を冷やす

照射した後にも肌を冷やすようにしましょう。
照射後の肌は光やレーザーの刺激で炎症している状態です。
この炎症を放おっておくと色素沈着を起こす可能性もあります。
炎症はなるべく早めに鎮めたほうがいいので、一部位照射が終わるごとに冷やすようにしましょう。

使用頻度

家庭用脱毛器で照射する場合には基本的に次の照射まで2週間の期間を空ける必要があります。
ただし、脱毛効果を高めるために、2回目の照射は1回目の照射から1週間後に照射するようにしましょう。

基本は2週間の間隔ですが、使う機種によっては次の照射までの間隔は変わってくるので、その機種の説明書の指示に従うようにしてください。

脱毛後のアフターケア

保湿する

脱毛したい部位全部の照射が終わったら、照射した部位を改めて冷やしましょう。
そうすることで、しっかり炎症を鎮めることができます。
そして併せて保湿もするようにしましょう。
脱毛後の肌は乾燥しやすくなっているので、保湿することで肌トラブルを防ぐことにも繋がります。

紫外線対策をする

脱毛した後の肌は炎症を起こしてる状態なので、なるべく刺激を与えないようにしましょう。
特に紫外線の刺激は肌にとって大きなダメージになります。
紫外線を浴びすぎてしまうと、やけどしてしまうこともあります。
脱毛後は紫外線対策として露出を避けたり、日焼けどめを塗るなどしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
家庭用脱毛器は正しい手順で使い、アフターケアまですることで、キレイに脱毛することができます。

脱毛サロンや美容クリニックに比べてリーズナブルな価格で脱毛でき、脱毛したいタイミングで自由に脱毛できるのが家庭用脱毛器の大きなメリットです。
忙しく時間のない方などは家庭用脱毛器での脱毛がおすすめです。

おすすめの記事