肌のトラブルを回避

肩を触る女性
ムダ毛を短期間で尚且つ安いコストで削減できるレーザー脱毛ですが、施術を受ける場合はきちんとした準備が重要となってきます。エステや美容クリニックなどで使用するレーザー脱毛の中には日焼けしている部分にレーザー照射ができない可能性があります。これは毛根のメラニン色素と呼ばれる黒い部分に反応してレーザーが照射されていくからです。
レーザー脱毛の施術を控えている人は普段の生活から日焼け止めクリームやアームウォーマーなどを使って紫外線対策を実施しておきましょう。また、毛抜きや脱毛器を使って毛を抜かないということも大切です。なぜなら、毛根から毛を取り除いてしまうとレーザーの効果が受けられなくなってしまうからです。
エステなどでレーザー照射前に毛を剃ってくれる、と想っている人も多いですがこのような準備はサービスに含まれていないので前日に自分で剃るようにしましょう。肌が弱い人は肌トラブルを避けるためにも保湿クリームや美容液で肌の状態を良くしておくことも大切です。
レーザー脱毛を行なった日は熱いお湯でのシャワーを控えて、冷たいタオルや冷水で肌を冷やすことが大切です。毛穴の赤みや炎症が起きた場合は保湿クリームや軟膏クリームで対策をしましょう。また、レーザー脱毛は2ヶ月以上の期間を空けて次の照射を実施していきます。脱毛を実施している間は上記の様なポイントを忘れずに肌のケアを実施していくのが重要となってくるのです。

ムダ毛処理からの解放

本格的な夏シーズンは過ぎ去り日が落ちる時間帯も段々と早くなりました。それに伴って全国各地で衣替えが徐々に始まっています。秋シーズンが訪れれば着用できる衣類にもバリエーションが生まれてファッションを楽しめるようになるでしょう。ですが、近年は気候変化が激しく1部の地方は11月まで暑さが続く場合もあるのです。
暑い時期が続けば半袖やハーフパンツといった衣類を着る場面も多くなってきます。このような服は動きやすく身軽ですが、肌の露出が多いのでどうしてもムダ毛処理などが気になってしまうものです。日々のムダ毛処理に手を焼いている人は、美容外科クリニックやエステが提供するレーザー脱毛を受けてみるのも1つの選択肢です。
レーザー脱毛はトータルの費用が高くついてしまうと懸念している人も多いですが、毛根を根本から破壊して施術を実施していくので長期的な目で見れば安い施術だといえるのです。最近では顔から足の指までパーツ単体のレーザー脱毛を実施するエステやクリニックが増えてきました。全身脱毛だけでなく、このような部分的な脱毛にもレーザー脱毛は活用できるのです。
毎週の様に処理をしていた腕や脚のムダ毛を簡単に削減できるのでストレスも減ることでしょう。店舗によっては腕と脚のレーザー脱毛3回分を120000円という格安の価格で受けられる店舗が存在するので、そちらを利用してみるのも最適です。脱毛効果は個人差がありますが、3回目のレーザーの照射からは高い効果が見られるので、1年継続すればムダ毛をほとんど無くすことができるのです。

レーザーの欠点と利点

人によっては腕や脚など目についてしまう部分のムダ毛が気になってしまうことがあります。毛が濃いというコンプレックスを抱えている人も数多く存在するでしょう。製品技術の工場により、シェーバーや家庭用脱毛器、脱毛ワックスや脱毛ローションなどの商品を使えばムダ毛の処理を一般家庭も気軽に実施することができます。しかしこのような方法を継続しているとカミソリ負けや肌あれなどのトラブルに繋がってしまう人も多いのです。
1週間単位でケアをする場合も多いので、ムダ毛処理を手間だと感じる人も多いでしょう。このような悩みを持つ人によく活用されるのがレーザー脱毛という方法です。エステやクリニックなどで気軽に受けられる施術ですが、メリットだけでなくデメリットも存在するのでしっかりと把握しておきましょう。
レーザー脱毛は毛根の黒い部分に反応してレーザー照射を実施するので日焼けをしている人は利用できないというデメリットがあります。美容医療となるので保険適用がされず施術が少し高額になってしまう場合もあるでしょう。ですが、資格を持ったプロの医師が施術を実施するので自分の肌状況をしっかりと確認できるのが大きなメリットです。
また、レーザー脱毛は他の施術に比べて脱毛効果が高いため、施術に通う回数も比較的少ないのです。衛生管理も徹底されており、1度の施術で広範囲の脱毛ができるのも強みだといえるでしょう。トラブル発生時の対応やアフターケアも充実しているので、レーザー脱毛は安心して受けられる施術なのです。

レーザーの種類と特徴

人々の美肌に対する意識は年々高まっており、それに伴ってエステやクリニックでレーザー脱毛を受ける人が増えてきました。コマーシャルやインターネットなどで広告を目にするレーザー脱毛ですが、そのレーザーの中にも複数の種類が存在するので、施術を受けようと考えている人は参考情報として頭に入れておくと良いでしょう。
国内で最も普及しているレーザー脱毛はダイオードレーザーと呼ばれる種類です。その大きな理由はレーザーの波長自体が日本人の肌に適応しているからだといえます。相性が良ければ肌の負担も少ないので、肌あれやカミソリ負けなどを起こしやすい肌の弱い人にも活用できるレーザーなのです。照射の出力も高めに設定できるので、産毛などの薄いムダ毛にも効果が高いといわれています。
その他の種類としてはヤグレーザーというもの存在しています。このタイプはレーザー自体の波長が他の種類よりも長くなっており毛根の奥深くまでレーザーの光を浸透させることができます。色素に反応しにくいという特徴があるので、日焼けをしている人でも受けられるレーザー脱毛なのです。
効果が高い分、脇やアンダーヘアといった毛の濃い部分にも効果が高くなっています。逆に産毛に対してはあまり効果が無いので注意が必要です。そしてここ数年で普及をし始めたのがアレキサンドライトレーザーという種類です。3つのレーザー脱毛の中でも痛みは強い方ですが、その分だけ脱毛の効果も高くなっています。脱毛だけでなくシミやアザにも効果があるので非常に優秀なレーザーだといえるのです。

おすすめの記事