手軽に脱毛できる方法として、カミソリや毛抜きでの自己処理。
しかし、手軽にできるからこそ正しいケアを行わないと肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

一度肌トラブルになってしまうと自分では対処できず、最悪の場合肌に跡が残ってしまうこともあります。
そんな事態を防ぐためにも、肌トラブルについてしっかり知識をつけて、自己処理を行っていきましょう。

自己処理で起こる肌トラブル

自己処理で起こりうると肌トラブルについてまずは見ていきましょう。

カミソリ負け

カミソリやシェーバーでの自己処理が原因で起こる肌トラブルです。
処理後に肌がヒリヒリとかゆくなることを指します。
かゆみ以外には痛み、赤み、湿疹などが出る状態も総称してカミソリ負けと呼ばれています。

薬剤負け

薬剤負けとは脱毛クリームや除毛クリームなどを使って自己処理をしている場合に起こる肌トラブルです。
処理後の肌に赤み、かゆみ、痛みなどが起こります。
特に敏感肌の人や乾燥肌の人のに起こりやすい肌トラブルです。

内出血

内出血は毛抜きや脱毛ワックスなどを使って自己処理していると、内出血が起こる可能性もあります。
脱毛ワックスや毛抜きなどで毛を抜くと、毛穴周辺の毛細血管が切れてしまい出血しまうこと原因です。
ポツポツと赤い斑点ができます。

色素沈着

カミソリでや毛抜きなどで肌に刺激が加わると、肌はメラニンを生成し肌を守ろうとします。
このメラニンが色素沈着の原因です。
一度色素沈着してしまうと治すのは難しく、最悪の場合クリニックやサロンでの脱毛も受けられなくなってしまうこともあります。

毛のう炎

毛嚢炎とは感染症の一種で、毛穴の奥の毛包に細菌が感染することが原因で起こります。
脱毛ワックスや毛抜きで毛を抜いた後の部分に、細菌が入り込んでしまい炎症を起こします。
炎症が悪化すると化膿することもあります。

埋没毛

皮膚の中に毛が埋まってしまった状態のことを埋没毛といいます。
これは毛を抜いた後、新しい毛が生えてくるまでの間に、皮膚が再生し毛穴が塞がってしまうことが原因で起こります。
毛穴が塞がってしまうと、新しく生えた毛が外に出られず、皮膚の中で成長してしまいます。
そうすると黒いブツブツとした鳥肌のような状態になってしまいます。

肌トラブルが起こる原因は?

肌トラブルの原因はほとんどが肌への過剰な刺激です。
カミソリや除毛クリーム、毛抜きなどは手軽に脱毛できますが、その分肌への刺激も大きく、念入りな処理前後のケアが必要です。
しかし、これらのケアを怠り、肌トラブルを招いてしまうことが多いようです。

自己処理で永久脱毛はできないですし、カミソリの場合だと自己処理の頻度も高いです。
それなのに、処理前後のケアを怠ると、自己処理の度に強い刺激が肌へ加わることになります。

カミソリで毎日処理している方の場合だと、毎日肌へ大きな負担をかけていることになります。
今はあまり肌の変化を感じていなくても、ダメージを溜め込んだ肌は、少しずつ硬くなってきたり黒ずんできたりします。

肌トラブルが起こってしまった時の対処法

肌トラブルによっても対処法は変わってきます。
・カミソリ負け
・肌が乾燥している
・炎症を起こしている
これらの場合には、一度症状が落ち着くまで自己処理は控えるようにしましょう。
そして、肌にこれ以上刺激が加わらないように、敏感肌用の化粧水やクリームを付けるなどして保湿をしっかり行いましょう。

・薬剤負け
・内出血
・色素沈着
・毛嚢炎
・埋没毛
などは、下手に自分で対処してしまうと、さらに症状を悪化させてしまう恐れがあります。
ですので、上記のような肌トラブルが起こってしまった場合には病院に行くようにしましょう。

また、肌トラブルを放っておくと、肌に跡が残ってしまうことにもなるので早めに対処するようにして下さい。

肌トラブルを防ぐには?

次に肌トラブルを防ぐ方法について見ていきましょう。

カミソリ負け

カミソリ負けを防ぐ方法としては、肌をいかに傷つけないようにするかです。
カミソリの刃が肌に直接肌に当たらないようにしつつ、できるだけ毛を根本から剃る為には、シェービングクリームをつけて処理するようにしましょう。
シェービングクリームの代わりにベビーパウダーを使うのもおすすめです。

そして、処理後にはたっぷりと保湿するようにしましょう。
肌が傷ついてしまっていると化粧水ではしみる場合もあるので、クリームやオイルでの保湿がおすすめです。

薬剤負け

薬剤負けが心配な場合には、敏感肌用を選ぶようにするといいでしょう。
通常のタイプに比べ多少除毛効果は落ちてしまいますが、肌への負担を軽減することができます。
それでも薬剤負けしてしまうということであれば、除毛クリームでの脱毛は辞めて、その他の自己処理に切り替えた方がいいかもしれません。

内出血

脱毛ワックスを使うにしても毛抜きを使うにしても、毛を抜く時には毛の向きに沿って抜くようにしましょう。
そして無理に抜こうとしないこともポイントです。
毛の向きに沿って抜けば、あまり力を入れずに抜くことができます。
毛を抜いた後に、処理した部位を冷やすことでも内出血や炎症を抑えられます。

色素沈着

色素沈着を防ぐにはカミソリ負けの対策と同じで肌への刺激をいかに抑えるかがポイントです。
カミソリ負けが悪化して色素沈着を引き起こすことも多いので、シェービングクリームを使って処理し、処理後の保湿もしっかり行うようにしましょう。

そして、メラニン色素が生成されるのを防ぐためにも、普段からの紫外線対策や美白ケアが重要です。
・外出時には日焼け止めを塗る
・美白効果のある化粧品を使ってスキンケアする
・ビタミンCを積極的に摂取する
などを行うようにすることでも、色素沈着を予防することができます。

毛のう炎

毛のう炎を防ぐには、肌を清潔に保つことが重要です。
脱毛前にはお風呂に入るなどして、肌を清潔にした状態で処理するようにしましょう。
そして、手が汚れていることも毛のう炎を引き起こしてしまう原因になるので、しっかりてを洗ってから処理するようにしてください。

また、皮膚が湿っていると細菌が繁殖しやすいので、お風呂での処理は避けましょう。

埋没毛

埋没毛は古い角質が溜まってしまうことに原因があるので、定期的にスクラブを行うなどして古い角質が溜まらないようにしましょう。
スクラブの他にピーリングも埋没毛を防ぐ方法としては効果的です。
スクラブやピーリングもやり過ぎは逆に肌に負担をかけてしまうので、頻度としては週に1回程度を目安に行うようにして下さい。

まとめ

肌トラブルは処理前後のケアを徹底することで防ぐことができます。
面倒くさがってケアを怠ってしまっては、肌トラブルのせいで自己処理すらできなくなってしまいます。
正しい自己処理で肌トラブルを防いで、キレイに脱毛していきましょう。

おすすめの記事