痛くない工夫

眠る女性
全身脱毛のときに強い痛みが出るのではないかと心配する人は少なくありません。昔一般的に行なわれてきた電気針脱毛では強い痛みが伴うものでしたが、最近では痛みの少ないフラッシュ脱毛も一般的になっているので、全身脱毛を受けるときには痛みが少ないサロンを選ぶようにしましょう。
サロンごとで扱う機器は違うので痛みの出方は異なりますが、口コミサイトの体験談を参考にするとどの程度の痛みなのか知ることができます。毛の濃さやパーツによって痛みの現れ方は異なりますが、多くのサロンでは全身脱毛をするときに痛みを軽減する工夫を行なっているので安心です。痛みを軽減する工夫としてよく行なわれるものは冷却ジェルの使用です。全身脱毛を行なう前に冷却ジェルを塗り、その上から照射することで肌のダメージを少なくします。
デリケートゾーンでは特に痛みが強く現れるものですが、凍らせた冷却ジェルを使用することが多いです。凍らせたジェルではダメージを減らす以外にも感覚を鈍らせる効果があります。ジェルを使用しても痛みが耐えられないという場合には無理せずスタッフに相談しましょう。機器の出力を下げることで痛みが少なくなります。

夏に肌を露出したいから全身脱毛を受けるという人は多いですが、日焼けした肌は脱毛に向いていません。脱毛の仕組みは黒色に反応する光線を肌に照射するものなので、毛と肌の区別がつきにくいような焼けた肌では十分に効果が現れにくいです。日焼けが酷いときには肌へダメージを与えやすくなるので、全身脱毛をするときにはなるべく日光に当てないように気をつけましょう。

効果的に痩せる

ダイエットがうまくいかないという人は、サロンでキャビテーションの施術を受けましょう。キャビテーションならなかなか落ちないセルライトの部分や気になる箇所を効果的に細くすることが可能です。キャビテーションというものは、超音波を出す機器によって脂肪細胞を振動させて破壊するというものです。
自分でダイエットをしたときにはリバウンドが起こりやすいものですが、キャビテーションなら脂肪細胞の数を減らせるので元に戻りにくいという特徴があります。メスを使用せずに施術が行えるので痛みも少なく傷跡が残ることもありません。しかし、メスで脂肪を切除するときとは異なり1度の施術ですぐに細くなるというものではないので、何度か施術を受ける必要があります。施術を受けるときには初めにカウンセリングを行ない、今の体の状態をよく調べて施術が行える状態なのか判断します。
どの部分に施術を行ないたいのか、何回の施術で効果が現れるのかということや、併せて行なうプランについてスタッフと一緒に考えていきます。キャビテーションでは脂肪細胞を破壊することはできますが体外に排出するものではないため、一緒にマッサージの施術を受けることが多いです。マッサージを行わない場合でも自然と体に吸収されていきますが、マッサージをするとより早く効果が実感できます。
キャビテーションの施術を行なうときには、効果が出やすいようにクリームを塗って機器を当てていきますが、事前に温めることでより効果が実感しやすくなります。このように施術前に温めるマッサージを行ない、施術後に老廃物を排出するマッサージを受けると効果的です。

かけ持ちする

福岡にある多くの脱毛サロンでお得なキャンペーンを開催していますが、どれにしようか選べないという人は少なくありません。もしも気になるパーツが複数あり、それぞれにお得なプランが脱毛サロンによって違うという場合は福岡にある複数のサロンをかけ持ちして通うことも可能です。
しかし、そのときには注意しないといけないポイントがあります。それは毛周期です。毛周期というのは毛の成長周期のことですが、ほとんどの場合3ヶ月で周期が巡ると言われています。この周期に合わせて脱毛を行なうことで効果が高くなるものですが、複数のサロンを福岡で使用する場合には、他のサロンでいつ施術を受けたのか伝える必要があります。
なるべく多く照射した方が脱毛の効果が現れるのではないかと考える人は福岡にも少なくありませんが、毛周期に合わせて照射しないと多く当ててもあまり効果に違いは現れません。一度照射した後は3ヶ月の期間をあけて施術を受けるようにしましょう。この周期を守ることで効果的に脱毛することができますし、肌へのダメージを抑えることができます。
複数のサロンに通うことは、キャンペーンによって料金が安くなるということの他に、予約が取りやすいというメリットがあります。人気な店舗や混雑する時期には予約が取れないということも多いものですが、複数の店舗に通っているとどちらかの予約が取れなくてももう一方の店舗で予約することが可能です。予約が取りやすいとその分通い続けるのが楽なのできちんと毛周期に合わせて通えるようになり、効果が実感しやすいです。

流れを知る

メモをとる人
自由が丘の脱毛サロンで施術を受けるときには、初めに無料のカウンセリングを行なって詳しく説明を受けます。脱毛をしたことがない人の場合その仕組みや注意点、流れについて知らないことが多くあると思いますが、自由が丘のサロンではきちんと細かく説明してもらえるので安心です。
カウンセリングでは脱毛の仕組みを説明する以外にも、その人が受けられる状態であるのかアンケートを行なって判断します。例えば何か病気を抱えていて治療を受けている人の場合使用している薬によっては安全のため施術を受けることができません。脱毛機器によるダメージはそれほど大きなものではありませんが、体の弱い人や服用している薬によっては体調を崩す恐れがあるので自由が丘のスタッフにきちんと状況を伝えることが大切です。
自由が丘にあるサロンではカウンセリングを行なったら、後日改めて施術を受けに行きます。施術を受ける前日に自分で施術箇所の毛を剃っておく必要がありますが、そのときに注意しないといけないことは深く剃らないということです。脱毛で使用する機器は黒色に反応する光を用いたものなので、深く剃ってしまうと反応しにくくなるからです。剃り残しがあった場合にはサロンでシェービングのサービスを受けることができますが、サロンによってシェービング代金が出ることもあるので注意しましょう。
シェービングのチェックが終わった後には施術する箇所を残さず照射するためにペンで印をつけていきます。こすると簡単に落ちるペンを使用するので、施術後はきれいに落としてもらえるため安心です。印を付け終わったら冷却ジェルを塗り、照射していきます。その後ジェルや印をきれいに落とし、保湿を行なって施術完了です。

おすすめの記事