ムダ毛の処理って本当に面倒くさい…。

なかでも面倒くさいのが処理範囲の広いひざ下の脱毛です。
日本人女性のうち、ひざ下のムダ毛に悩んでいる人は70%を超えるようです。
他の部位に比べると毛が太く濃いので、処理回数も多くなりますよね。

そんなひざ下のムダ毛に悩んでいる女性におすすめなのが、ひざ下脱毛です!

ひざ下脱毛のメリットや脱毛方法などをわかりやすくかつ詳しくまとめています。
後半でおすすめのサロン&クリニックも紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。

1.皆んなひざ下のムダ毛処理ってどうしてるの?

カミソリ

どうやってひざ下のムダ毛を処理してるの?

多くの女性が日頃どのようにひざ下のムダ毛を処理しているのか調べてみました。

カミソリ 53.8%
毛抜き 4.5%
エステ・クリニック 12.2%
除毛クリーム 2.8%
脱毛器 11.7%
その他 15%

こうして比べてみると、カミソリでの自己処理が圧倒的に多いことが分かります。
自己処理方法の中でもカミソリは時間も手間もかからないことから、カミソリでの処理を行っている人が多いようです。

その他にも毛抜き、除毛クリーム、脱毛器と自己処理方法が続く中、エステやクリニックで脱毛している人もいるようです。

ひざ下脱毛する人が増えている

あらゆるサイトのアンケート結果などを見てみると、カミソリや毛抜きでは満足できない女性たちが次に試すのは、家庭用脱毛器や除毛クリームです。
しかし、どちらも効果に満足した人もいれば、肌トラブルに繋がってしまった人もいるようです。

そんな女性たちが、最近では脱毛サロンやクリニックでひざ下脱毛を始めています。
以前よりも料金が下がって通いやすくなったことと、CMなどで大々的に宣伝していることで脱毛に通う人が増加しているというわけです。

2.ひざ下脱毛が選ばれる理由は?

女性の脚

ひざ下脱毛をしている人達に、なぜひざ下脱毛を選んだのかその理由を聞いてみました!
すると、自己処理にはデメリットが多いということ、そしてひざ下脱毛にはメリットが多いということが分かりました。

自己処理にはデメリットが…

何かと肌トラブルが多い

自己処理ではなにかと肌トラブルが起こりやすいことが1番のデメリットとなっているようです。
カミソリではカミソリ負けが起きてしまったり、毛抜きでは炎症や埋没毛が起こってしまうこともあります。

キレイに脱毛できない

自己処理ではキレイに脱毛できないということもデメリットとなっているようです。
カミソリでは肌表面に出ている毛を剃ることしかできないので、毛根から毛を処理することができません。
毛抜きで1本1本毛を抜いていく作業は時間がかかり一度で、処理できる範囲が制限されてしまいます。

また、背中など自分では見えない部位の処理は難しく、剃り残しができてしまうこともあります。

自分で処理するのは面倒くさい

そもそも自分で処理することが面倒くさいという意見も多くあがりました。
カミソリで処理するとなると、1回の処理にかかる時間はそこまで長くありませんが、またすぐ生えてきてしまうので頻繁に処理する必要があります。
毛抜きで一度処理すると、次の処理まで期間は空きますが、一度の処理に時間がかかってしまいます。

ひざ下脱毛にはメリットがいっぱい!

面倒な自己処理から解放される

ひざ下脱毛のメリットは、なんといっても自己処理から解放されるということです!
ひざ下を脱毛することで、毛の生えるスピードが遅くなったり、毛が薄くなります。
脱毛方法によっては永久脱毛をすることも可能です。
そのため、自己処理の回数が減ったり、自己処理が必要なくなります。

カミソリで処理していた人であれば、定期的にカミソリを買っていたお金や手間からも解放されます。

肌トラブルもなくキレイになる

脱毛サロンや美容クリニックと違って、プロが施術するわけではないので少なからず肌に刺激を与えてしまっています。
自己処理を行っている私達はプロではありませんので、自分ではしっかりケアしたつもりでも、実は適切なケアができていなかったということが起こりがちです。
適切なケアができていないと、肌荒れや炎症を起こしてしまいます。

しかし、脱毛サロンや美容クリニックでは脱毛や肌に関して専門的に勉強したプロが施術してくれます。
なので、1人1人の肌の状態に合わせて適切なケアをしながら脱毛してもらうことができます。
そのため、肌トラブルも起こりにくく、キレイに脱毛することができます。

3.ひざ下脱毛の種類には何がある?

そもそもひざ下ってどの部分?

ひざ下の範囲は脱毛サロンや美容クリニックによって異なってきます。
基本的にひざから足首までの範囲のことを指します。

しかし、膝小僧を含めそれより下の範囲を指すこともあれば、膝小僧を含まずそれより下の範囲のみを指すこともあります。
膝小僧を含むか含まないか記載がない場合は、直接その脱毛サロンや美容クリニックに確認するようにしましょう。

ひざ下脱毛の種類は?

ひざ下脱毛といっても、脱毛の種類は複数あります。
大きく分けるとサロン脱毛と医療脱毛とに分かれます。
それぞれの脱毛方法の特徴について見ていきましょう。

サロン脱毛

サロン脱毛はエステサロンで行われている脱毛方法全般のことを指します。
サロン脱毛の中にも
・光脱毛
・ニードル脱毛(針脱毛)
の2種類があります。

◇光脱毛◇

光脱毛とは毛の細胞にダメージを与えることで脱毛していく方法です。
毛の黒い色素であるメラニンにだけ反応する特殊な光を肌に直接当てていきます。
光にメラニンが反応すると、毛根周辺に熱ダメージを与えることができます。
毛根周辺にある毛を生やしたり成長を促す細胞に熱ダメージが加わると、毛を生やしたり成長させることができなくなります。

◇ニードル脱毛◇

ニードル脱毛とは毛穴1つ1つに針を刺して微弱な電流を流すことで発毛細胞を破壊して脱毛する方法です。
毛穴に直接針を刺し電気を流していくので、ムダ毛を1本1本確実に脱毛できるのが特徴です。
エステサロンではプローブと呼ばれる使い捨てできるタイプの針を使用しています。

医療脱毛

医療脱毛とは、美容クリニックや皮膚科で行われている脱毛全般のことを指します。
医療脱毛には
・レーザー脱毛
・絶縁針脱毛(医療針脱毛)
の2種類があります。

どちらも医療行為にあたる為、施術は医師や看護師しか行うことができません。

◇レーザー脱毛◇

レーザー脱毛は光脱毛と仕組みが似ています。
レーザーを照射するとメラニンが熱エネルギーを溜め込み、その熱エネルギーを周りに放射することで、毛根周辺の発毛細胞を破壊します。
発毛細胞が破壊されると、新しい毛を生やすことができなくなります。

◇絶縁針脱毛◇

絶縁針脱毛はエステサロンで行われているニードル脱毛とあまり変わりません。
毛穴1つ1つに針を刺して電気を流すという仕組みは同じです。
ニードル脱毛との違いは、肌に触れる部分に電気が流れないよう絶縁加工がされていることです。
電気が毛根以外の部分に分散されず、毛根へ集中させることができるので、ニードル脱毛よりも1本にかける時間が短くなります。
やけどや肌トラブルのリスクが少ないのも特徴です。
感染症対策として、個人専用の電気針を使用したり、あらかじめ血液検査を行ってくれるところもあります。

4.サロン脱毛と医療脱毛の違いは?

頬杖をつく女性

サロン脱毛と医療脱毛の違いを比較していきます。

光脱毛とレーザー脱毛の比較

まずは仕組みの似ている光脱毛とレーザー脱毛の違いについてみていきましょう。

回数・期間・料金

ムダ毛がほとんど生えず、ツルツルな状態になるまでの平均で比較していきます。

光脱毛 レーザー脱毛
回数 10~18回 5~8回
期間 2年~3年 1年~2年
料金 50,0000円 80,000円

回数としては光脱毛は大体2~3ヶ月に1回のペースで通うことになるので、ツルツルになるまでの目安が2~3年です。

レーザー脱毛も光脱毛と同じく最初は2ヶ月に1回のペースで通います。
回数を重ねる内に毛の生えるスピードが遅くなってきたら、間隔を空けて通うことになります。
ツルツルの状態に近づくと、前回の施術から半年空けることもあるので、回数は少ないのですが期間としては1~2年程かかります。

料金については脱毛サロンや美容クリニックによって結構変わってくるので、安いと光脱毛30,000円、レーザー脱毛40,000円というところもあります。
ただ、脱毛サロンでも美容クリニックでも、全身脱毛コースとしてひざ下脱毛をする方がお得な場合が多いようです。

痛み

痛みについては光脱毛よりもレーザー脱毛の方が痛みが強いです。
その理由としては、レーザー脱毛の方が出力が高いということにあります。

もちろん人によって痛みの感じ方には差がありますが、光脱毛はゴムをパチンと弾く程度の痛みと表現されることが多が多く、レーザー脱毛の痛みは焼けるような痛みに近いようです。
どちらも施術中ずっと痛いというよりは、一瞬一瞬の痛みが繰り返し続くイメージです。

ただ最近では、かなり痛みを軽減させた脱毛機種も増えているようです。
光脱毛ではほぼ無痛状態で脱毛ができる機種も出ていますので、痛みに弱いという人はレーザー脱毛よりも光脱毛がおすすめです。

効果

レーザー脱毛は光脱毛に比べて痛みを感じやすいのですが、その代わり脱毛効果が高いのが特徴です。
メラニンが少なく効果が出にくい産毛も、光脱毛よりもレーザー脱毛の方が得意とされています。

また出力が高い分、脱毛効果を実感できるまでの期間が短いのも特徴です。

脱毛効果をしっかり実感したい・早く脱毛を完了させたいという人にはレーザー脱毛がおすすめです。

ニードル脱毛と絶縁針脱毛の比較

次にニードル脱毛と絶縁針脱毛の違いについて見ていきましょう。

回数・期間・料金

ニードル脱毛 絶縁針脱毛
回数 5~6回 3~5回
期間 1~1年半 半年~1年半
料金 300,000円 125,000円

光脱毛やレーザー脱毛と比べると費用が2倍以上も高いです。
さらにこの2つは毛穴に直接針を刺し込むため、施術代とは別で採血代がかかるのが一般的です。
契約前に施術代以外にどんな費用がかかるのか確認しておきましょう。

どちらも脱毛効果が高いとはいえ、1回で脱毛が終わるわけではありません。
理由としては、1本1本脱毛するため1回の施術で脱毛できる本数が少ない&時間がかかってしまい、期間や回数を重ねる必要があるからです。

費用が高いので、最初からこの方法を選ぶのではなく、光脱毛やレーザー脱毛の仕上げとして取り入れるのがおすすめです。

痛み

痛みについてはニードル脱毛の方が強いです。
その理由は、絶縁針脱毛は電流が直接肌に触れることがないからです。刺激や火傷も抑えられるので、肌トラブルも少なくて済みます。

一方ニードル脱毛は電流が肌に触れるので痛みが強いと言われています。

麻酔をすることは可能ですが、痛みを少しでも抑えたいなら絶縁針脱毛の方がおすすめです。

効果

ニードル脱毛と絶縁針脱毛はとても効果が高く、1度脱毛すればほぼ確実に毛が生えてこないくらいです。

また、メラニン色素に関係なく脱毛できるため、産毛や金髪、白髪にも高い効果を発揮します。

ニードル脱毛の場合は肌に直接電流が触れることから弱めの出力で施術されます。
それを考えると、絶縁針脱毛の方がより高い効果を実感できるでしょう。

5.お店を選ぶ時にチェックしたいポイント

指をさす女性の手

お店選びのチェックポイント

ひざ下脱毛に最適なお店を選ぶときには下記の6つのポイントが重要です。

①脱毛範囲
②プランに含まれていない料金(キャンセル・遅刻・剃毛)
③ムダ毛の剃り残しがあった場合の対応
④自分の予算に合っているか
⑤ほくろやシミの対応
⑥予約のとりやすさ

それぞれのポイントについて詳しく紹介します。

①脱毛範囲

サロンやクリニックによって、ひざ下の範囲が異なります。
もし膝小僧や甲・指が脱毛範囲に含まれていないのであれば、プランを追加することになりますから、当然費用も変わってきます。

事前に自分が脱毛したい範囲と、それぞれのお店で脱毛できる範囲を確認しておきましょう。

②プランに含まれていない料金(キャンセル・遅刻・剃毛)

脱毛料金には、キャンセル料や遅刻してしまった時のペナルティ、剃毛料などのオプション料金が含まれていないこともあります。

どれも1,000~3,000円くらいのものですが、積み重なると高額になりますからオプション料金も含めてお店を比較した方がいいでしょう。

③ムダ毛の剃り残しがあった場合の対応

お店によっては、剃り残しがあってもシェービングして施術してくれるところもあれば、その場所は施術しないというところもあります。
施術しない場合でも1回分として消化されてしまう可能性もあるので、剃り残しているときはどうなるのか聞いておくべきです。

④自分の予算に合っているか

脱毛方法によって費用が大きく異なります。オプション料金なども含めて自分の予算に合っているのか確認した方がいいですね。

⑤ほくろやシミの対応

光脱毛の場合、ほくろやシミは火傷の可能性を考えてシールを貼ってカバーします。
大きなシミはカバーできないので照射時にその部分を避けます。

レーザー脱毛は薄いシミや小さなほくろなら、そのまま照射します。
照射を繰り返すことでほくろやシミが薄くなることもあるので、薄くしたくないほくろがあればカバーしてもらうこともできます。

ニードル脱毛・絶縁針脱毛の場合はほくろやシミがあっても施術に影響することはありません。

これらをもとに、どのお店にするか考えるといいでしょう。

⑥予約のとりやすさ

1日に施術できる人数はお店によって異なりますが、平日の夕方以降や土日は予約を取りにくいことが多いです。

そのため、予約が取りやすいかどうか確認しておく必要があります。
チェーン店の場合は契約した店舗以外でも施術できる場合もあるので、事前に聞いておくといいですね。
また、予約方法が電話だけでなくネットやLINEなど、予約システムが充実していると予約が取りやすいです。

ワンポイントアドバイス

お店選びをするときにはカウンセリングに行って直接質問することもあるでしょう。
しかし、いざカウンセリングに行くと何を聞いたらいいのか迷ってしまうこともあります。
カウンセリングでは
「どれくらいで毛が生えなくなったんですか?」
「他の店舗で施術するのも可能ですか?」

と聞いてみるのがおすすめです。

 

ホームページなどの説明だけでは脱毛完了までの期間について想像しにくい部分もあるかもしれません。
しかし実体験を聞くことで、想像しやすくなります。

また、転勤や引っ越しの可能性がある人は、店舗間の移動ができるのか聞いておくといいでしょう。

6.ひざ下脱毛の流れ

実際にひざ下脱毛をする時の流れを、施術前~施術後でそれぞれ紹介します。

施術前の準備

服装

服装は基本的に特に決まりはなく自由です。
ただ、どのお店でも施術用のガウンに着替えるので、着替えやすい服装の方がいいでしょう。

ひざ下脱毛なら施術後の肌のことを考えて、ゆったりしたデザイン&肌に優しい素材の服がおすすめです。
スキニーやレギンスは肌を締め付けてしまいますし、短い丈のスカートやパンツは肌が直接紫外線にさらされてしまうので避けたほうが無難です。

剃毛

基本的に前日までに剃毛するのが基本で、毛の生えてくるスピードが遅い人なら2日前でもOKです。
毛が伸びていると光脱毛やレーザー脱毛の場合は効果的に脱毛できないからです。
施術当日に剃ると肌が敏感になってしまうでやめてください。

ニードル脱毛・絶縁針脱毛の場合は2~3㎝伸びている方がいいと言われていますから、数日前に剃っておけば大丈夫でしょう。

 

カミソリで剃ってもいいのですが、できれば肌への負担が少ない電動シェーバーを使うのがおすすめです。
脱毛ワックスや毛抜きで毛を抜いてしまうと脱毛効果が出ないので注意してください。

施術当日の流れ

施術当日の流れは大体以下の通りです。

光脱毛・レーザー脱毛
1.施術室やロッカールームで施術用のガウンに着替える
2.施術室で肌の状態をチェック
3.施術部位にジェルを塗って照射
4.冷却したあとに保湿ローションなどでケア
ニードル脱毛・絶縁針脱毛
1.施術部位を消毒&冷却する。局所麻酔をすることもある。
2.針を毛穴に刺し、電流を流す
3.施術部位を冷やす
4.抗生物質が配合された軟膏を塗る

施術後のケア

どの脱毛方法を選ぶにしても、施術後の日焼けはNGです。
また、ピーリングやあかすりなど肌に刺激を与える行為も避けてください。

大抵、施術当日から2~3日は入浴も禁止されます。
その理由としては、体を温めることで赤みや痒みが生じたり、湯船の雑菌が原因で炎症を起こしてしまう可能性があるからです。

脱毛期間中は肌を刺激から守るために紫外線対策&保湿をしっかり行ってください。

7.タイプ別!おすすめの脱毛サロン&クリニック紹介

ここではタイプ別におすすめの脱毛サロン&クリニックを紹介していきます。

安い料金で脱毛したい人は

ミュゼ

ミュゼの公式HPの画像引用元:https://musee-pla.com/

脇脱毛がとても安いことで一躍有名になったミュゼですが、他の部位も安く脱毛することができます。
好きな時間に通えるレギュラープランだけでなく、平日の日中に利用するデイプランの2つから選ぶことができ、デイプランの方が少し安くなります。
さらに、ミュゼの公式アプリをダウンロードすることで、通常料金の半額で施術が受けられます!

ひざ下脱毛なら「フリーセレクト美容脱毛コース」を選択しましょう。
脱毛したい部位と回数を自由に組み合わせられるので、自分に合ったプランで脱毛が可能です。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックの公式HP画像引用元:https://goo.gl/5RKYrP

湘南美容クリニックはミュゼ同様、脇脱毛がとても安いことで知られていますが
安いのは脇だけではありません。
ひざ下脱毛が月3,600円という安さなので、レーザー脱毛を試してみたいという人にもおすすめです。

湘南美容クリニックで脱毛するなら「両ひざ下6回コース」を選択してください。
クリニックでの脱毛は効果が高いので、少ない回数でも十分満足いく結果になるでしょう。

効果を重視する人には

TBC

TBC公式ホームページの画像引用元:https://goo.gl/2rb6JE

効果の高い脱毛をしたいのであれば、やはりニードル脱毛がおすすめです。
TBCでは”終わりのある脱毛”と称してニードル脱毛を行っています。
体験コースもあるので、気軽に始めやすいでしょう。

「スーパー脱毛コース」を選べば、1本1本丁寧に施術してもらえます。
ひざ下なら1本あたり108~130円で脱毛できます。

渋谷ビューティースキンクリニック

渋谷ビューティースキンクリニックの公式HPの画像引用元:https://goo.gl/irFuCC

渋谷ビューティースキンクリニックでは、絶縁針脱毛を行うことができます。
他のサロンやクリニックで硬毛化してしまった毛や、脱毛後に残ってしまった毛も綺麗に脱毛が可能です。

1本500円と安くはないものの、患者1人1人に専用の針を使用するなど信頼性の高いクリニックです。

痛みに弱い人はサロン脱毛

ストラッシュ

ストラッシュの公式HPの画像引用元:https://goo.gl/DpVbpT

ストラッシュはSHR脱毛という最新の脱毛方法で脱毛します。
従来の光脱毛と違って光を何回かに分けて連続して照射するため、痛みをほとんど感じることがありません。
温かさを感じる程度なので、痛みが心配な人でも問題無いでしょう。

全身脱毛サロンですが、部位ごとのプランもあるようなのでカウンセリングで聞いてみるといいですね。

銀座カラー

銀座カラーの公式HPの画像引用元:https://ginza-calla.jp/

銀座カラーは20年以上の実績を持つ老舗の脱毛サロンです。
脱毛効果が高いだけでなく、痛みが少ないサロンとしても評判です。

ひざ下脱毛をする場合は、「スタンダードチョイスコース」でひざ下を選択すれば、42,000円で8回、75,200円で何度でも脱毛ができます。
また、「足全セット」で足先~太ももと足を全体的に脱毛することも可能です。

短期間で完了させたい人には

脱毛ラボ

脱毛ラボの公式HPの画像引用元:https://datsumo-labo.jp/

脱毛ラボは月額制、パックプラン、単発プランの中から自分に合ったプランを選択できます。

スピードにこだわる人はパックプランを選びましょう。最短2週間に1回のペースで通えるので、半年~1年で脱毛が完了します。
「選べる部分脱毛24か所」なら78,760円で6回の施術が可能です。

リゼクリニック

リゼクリニック_公式HP引用元:https://www.rizeclinic.com/

リゼクリニックは、肌質や毛質に合わせて3種類のレーザー脱毛機を使い分けます。
そのため、より高い脱毛効果を得ることができ、少ない回数でもツルツルの足を手に入れることができます。

リゼクリニックでひざ下の脱毛をするなら「ひざ~足首の脱毛 5回コース」か「足全体セット 5回コース」を選択してください。

脱毛したい部位ごとのおすすめ

コロリー

コロリーの公式HPの画像引用元:https://colo-ree.com/plan

コロリーは全身脱毛がかなり安いことで知られています。月990円で脱毛できるのはコロリーだけではないでしょうか。

コロリーは全身脱毛以外にも好きな部位だけ脱毛したり、フェイシャルケアをすることも可能です。

「オーダーメイド脱毛」を選択すれば、43,200円で6部位を脱毛できます。

アリシアクリニック

アリシアクリニックの公式HPの画像引用元:https://goo.gl/8u5ZxY

アリシアクリニックは全身脱毛以外にも部分脱毛のプランが豊富で、クリニックにしては珍しく脱毛し放題コースを設置しています。

両ひざ、両ひざ下、両足の甲・指をそれぞれ脱毛することもできますが、「足脱毛セット」か「ひじ下+ひざ下脱毛セット」を選択した方が広範囲で脱毛できますし、お得です。

8.ひざ下脱毛で後悔しないために!

ひざ下脱毛で後悔する理由は?

ひざ下脱毛を完了した人の中には、「全身脱毛すればよかった」と後悔している人もいるようです。
それは、ひざ下だけ綺麗にしたことで他の部位のムダ毛が目立ってしまうからです。
また、ひざ下の自己処理が不要になった分、他の部位を処理するのが面倒になるということもあるようですね。

最初はひざ下だけでいいと思っていた人も、他の部位が気になって新たに脱毛を始めたりするケースもあります。
そうすると費用がかさみ、全身脱毛を契約するのと大して料金が変わらないなんてことも。

もしひざ下以外にも気になっている部位があるなら、最初から全身脱毛を選択した方が安く済むでしょう。

ひざ下脱毛と一緒に脱毛したい部位

ひざ下脱毛で後悔しないために、ひざ下と合わせて脱毛しておきたい部位をチェックしてい見ましょう。

☆足全体
└多くのサロン&クリニックではひざ下だけでなく足全体の脱毛プランを設けています。
ひざ下だけ脱毛した際に太もものムダ毛が気になることが多いので、足全体の脱毛も検討した方がいいですね。

☆ひじ下
└見える範囲だけ脱毛したいという場合は、ひざ下の脱毛後にひじ下も気になり始めるでしょう。
ひじ下も夏になると目立つ部位なので、ひざ下と同じタイミングでやっておくのがおすすめです。セットで脱毛プランを設けているお店を利用するといいでしょう。

☆全身脱毛
└ムダ毛が濃い人や、自己処理の手間を減らしたい人は思い切って全身脱毛をするのも手です。
全身脱毛も最近はリーズナブルにできるようになっているので、気軽に始めやすいです。

9.まとめ

ひざ下脱毛についてまとめてきましたが、いかがでしたか?

ひざ下を脱毛することで様々なメリットがあることも分かりましたね。
露出する機会&自己処理の頻度が多いひざ下だからこそ、サロンやクリニックで脱毛することで毎日を楽にポジティブに過ごせます!

自分に合った脱毛方法を選んで、キレイに脱毛しましょう!
今回紹介したサロンやクリニックが参考になれば幸いです^^

海辺に座る女性の足

おすすめの記事