AGAによる脱毛とは

眼鏡をくいっとしているおじさん

 

頭頂部のはげは、なかなか気づきにくいものですが、あるとき発見してその大きさに愕然とすることもあります。つむじのはげは、男性の場合多くはAGA(男性型脱毛症)が原因です。これは進行性の病気で、年齢に関係なく発症しますが特に中年を過ぎる頃から多くなります。つむじやおでこを中心に薄毛になり症状が進行するとはげていきます。

この病気の原因は、男性ホルモンがおでこやつむじにある特殊な酵素で脱毛ホルモンに変化することで起こります。脱毛ホルモンは、毛母細胞への血行を阻害するため髪へ栄養が行き渡らなくなります。そのため、髪の成長が休止し薄毛になったり抜けやすくなったりするのです。進行が早い病気なので、早めにクリニックで治療をすることが必要です。

AGAによるつむじのはげは、クリニックで脱毛ホルモンの増加を食い止め、頭皮の血行を促進する治療が行われます。皮膚科で治療を行っているところもありますが、専門のクリニックでは、さらに頭皮ケアを含めた独自の治療を行って効果を上げています。

日本では、AGAは、保険適用外になるため診察費や薬代は全て自己負担になります。クリニックによりかかる費用も違ってくるため、受診する場合どのような費用が必要かよく確認してから治療を受けましょう。また、治療期間も薄毛や脱毛の程度により個人差がありますが、早めの受診で完治することが可能です。その場合、治療費もそれほどかからずにすむのでAGAに気づいたらすぐ受診することが大切です。

早めの対策を

男性のみならず女性にも増えている薄毛について説明します。薄毛はバランスの悪い食生活や生活習慣の乱れ、ストレス、タバコ、過度のアルコール摂取、運動不足、間違ったヘアケア、ホルモンバランスの乱れなど様々な要因が重なり合いおこり、以前は薄毛というと中高年の悩みとされていましたが最近は10代や20代の若年層と言われる世代でも薄毛に悩む人が増えているのです。

それでは薄毛の改善方法について見ていきます。まず薄毛を改善するためにはバランスの良い食生活を心がけ生活習慣を整えることから始めます。次にタバコやアルコールは控えストレスを溜め込まないようにして適度な運動を行い、頭皮を清潔に保ちます。ここまでは自分の努力で改善出来ます。

加齢や病気、妊娠出産によってホルモンバランスが乱れることがあります。加齢の場合は男性は男性ホルモンのテストステロン、女性は女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少してしまうことで薄毛がおこり、これは更年期の症状の1つです。この場合は男性はマカや亜鉛、アルギニンなどのサプリメントの服用、女性は大豆イソフラボンの服用が効果的だと言われていますが、最も効果的な方法は病院で注射や内服薬を処方してもらいホルモン補充をする方法です。

甲状腺疾患などの病気からくる薄毛は病気の治療を行うことで自然と改善出来ます。妊娠出産の場合は自然とホルモンバランスが整えば自然と改善しますので特別な治療は必要ありません。このように薄毛の原因は様々ですが、改善するためには自分の薄毛の原因を知ることがポイントです。

薄毛の対処と病院の魅力

黄金色の湖

 

薄毛や抜け毛に悩まされている人の場合、まず対策として大切になってくるのがその症状の原因を突き止めることです。原因を明確にすることでその解決方法を見極めることができますし、より短期間での対処が可能になってきます。一般的に薄毛や抜け毛の症状はストレスや疲れによる体調不良、さらには遺伝的な問題、病気などがその原因に挙げられます。

ストレスや疲れが原因の場合には生活スタイルを改善し十分な休息をとるだけでも状態は改善していくでしょう。後者が現任の場合でも、医療機関で専門の薄毛治療に取り組めばいち早く症状を緩和していくことができます。こうした判断は素人では難しい面でも出てくるため、気になる症状がすでに現れている人、さらには自分では対処しきれないという人は出来るだけ早く専門の医療機関、皮膚科を受診することをおすすめします。

薄毛治療のために皮膚科を受診するメリット、それは何といっても安全性の高い治療をその場で受けることができるという点です。薄毛対策のために市販薬を用いて対策を図るという人も中にはいますが、こうした市販薬の中には強力で刺激の強い薬剤が用いられているものもあります。その影響で逆に頭皮を痛めて症状を悪化させてしまう危険性もあるので注意が必要です。

その点、皮膚科での薄毛治療の場合、その原因をある程度特定した上で、それぞれに合った薄毛治療が用いられます。強力な薬で頭皮がダメージを負うこともなければ、素人判断で症状が進行してしまうこともありません。より確実に症状を緩和させていきたい、見た目を完全していきたいという人ほど、皮膚科受診が打ってつけな方法となるのです。

有効成分の働き

抜け毛が気になりだしたら、育毛剤を使って頭皮ケアをすることをお勧めします。抜け毛になる原因は人それぞれですが、頭皮の皮脂分泌過多、栄養不足、血行不良などが原因となって増えることもあります。育毛剤には、そのような頭皮トラブルを修正して健康に導く成分が配合されています。

薄毛が目立ってくる前に早めに使い始めるのがポイントです。男性向けの男性ホルモンを抑制する成分を配合している育毛剤もあるので、男性型脱毛症の予防ができます。頭皮につけると、毛根細胞にある発毛にダメージを与える男性ホルモンを排除する効果があります。男性ホルモンを排除することで、男性ホルモンが原因で発生する皮脂の過剰分泌を抑えることができます。

ヘアサイクルが乱れると、髪が十分に成長しないまま成長がストップします。そして抜け毛が増えて薄毛になります。髪の寿命は5年〜7年ほどですが、ヘアサイクルが乱れると1年も持たず抜けたり、成長したとしても細くコシがなくなります。

育毛剤を使うと頭皮が有効成分を吸い込み、毛乳頭の細胞分裂が促進し、ヘアサイクルを改善することができます。髪の毛がしっかり自分の寿命をまっとうできるように、毛根に栄養を与えてサポートする働きを持っているのが育毛剤です。市販の育毛剤でもミノキシジルなどの有効成分が入っていれば発毛効果があります。ミノキシジル配合の育毛剤は男女ともに使えて、血行不良を改善して毛根に栄養を運ぶ働きをしてくれます。

おすすめの記事