合う方法で効果を得る

食べ物を拒否する女性

短期間で行い水分を取る

ファスティングとは、半日から三日程度食べ物を一切取らず、水や酵素ドリンクなどで過ごすダイエット方法です。
食べ物を取らない事で、摂取カロリーが抑えられます。また内臓を休める事で身体に溜まった毒素や老廃物を十分に排出できるため、体重が減ります。現代人は食の欧米化や不規則な生活から、食べ過ぎとなっている人が多いです。肥満や生活習慣病になる人も増えています。
ファスティングで摂取カロリーを減らし、内臓を休める事は健康の為にも良いと考えられます。美容にも健康にも良い方法ですが、長期間続けるのは身体に良くありませんので、長くても三日ほどで止めるようにしましょう。
また普段以上に水分を取る事も大事です。人間の身体の大部分は水分で成り立っていますので、水を意識して飲む事が重要です。ファスティング中は固形物は食べないですが、酵素ドリンクなどで栄養は摂取できます。

ここに気を付け無理しない

ファスティング中は食べられないと思うと、前後はつい食べ過ぎになりがちです。しかし速やかにファスティングに入る為に、前日の食事は軽めに早い時間に取る方が良いです。ファスティング後も開放感から食べたくなりますが、いきなり食べ物を詰め込むと胃腸に負担となります。おかゆなどから始めて、徐々に普通食に戻す方が安心です。
短期間のファスティングを定期的に取り入れる事で、体型や体調が安定する事も多いです。自分の食生活や体調を振り返りながら、無理なく行うのが良い方法です。仕事や学校がある時に行うと空腹で力が出ない事もありますから、週末など家に居る時が適しています。
健康になったり美しくなる為に行うのがファスティングです。自分に合うやり方で効果を最大限に得ましょう。

1杯で健康美

グリーンスムージーと女の人

カロリーに注意が必要

健康と美容に効果的と女性を中心に人気を集めているグリーンスムージーは、減量を目的としたダイエットを行う場合、置き換えによる摂取法も支持されていますが、食事制限によっては老廃物の排出が滞りやすく、腸内環境が乱れてしまう難点が挙げられています。
また、食べる量が減ることにより、便の量も少なく、便秘に陥りやすくなるために置き換える時間は朝が適しており、さらに食事を抜くのではなく、グリーンスムージーに組み合わせたメニューを摂取することで、ムリなくスムージー生活を継続させることに繋がります。
緑の葉野菜に果物を加えて、水と共にミキサーで撹拌させるものの、果物は糖が多く含まれているために配合させる割合にも注意が必要で、栄養価が高いものの、コップ1杯でもカロリーを過剰摂取しやすいため、基本は緑の葉野菜と水のみで作る、あるいは市販されている物を摂取するのが適しています。

リバウンドを招かない

グリーンスムージーは葉野菜をミキサーで撹拌させて作るため、とろみがつき、胃の通過速度が穏やかであることから満腹感に繋がる魅力が挙げられています。緑の葉野菜には、各種ビタミン・食物繊維・ミネラルバランスに優れている特徴があり、ミキサーで撹拌させることにより、体内への吸収率も高まりやすく、健康を意識した栄養補給を可能にしています。
テクニックとして、葉野菜は根まで使い、果物を加える場合には皮や種付きのままミキサーで撹拌させることにより、栄養素をしっかり吸収できる魅力があります。また、食事制限による食べないダイエットを行う場合、脂肪を分解するためのエネルギーとなる基礎代謝が下がりやすくなったり新陳代謝までも悪くなるため、減量に成功した後、食事量を戻すとリバウンドしやすい失敗談に繋がってしまいます。
普段より食べる量を軽くし、その分をグリーンスムージーで補うことがリバウンドしないテクニックで、満腹感を生み出す炭酸水や低脂肪乳、青汁の粉末などを組み合わせるのもポイントです。

おすすめの記事