クリームやコスメのボトル

抑毛スキンケアコスメや脱毛クリーム、カミソリや毛抜きなど、ムダ毛ケアの自己処理には数多くの方法があります。

しかし、自己処理の方法や誤ったケアによっては、埋没毛やカミソリ負けなど肌トラブルが起きてしまうことも・・・。

剃っても剃っても生えてくるムダ毛ですが、自己処理を繰り返していると、肌ダメージで肌がボロボロ・・・( ;∀;)

出来る限り肌への負担を少なくして、きれいにムダ毛を無くしたいものですよね。

 

そこで、肌に負担が少ない方法として、人気があるのが脱毛クリームです。

脱毛クリームは本当に肌にいいのか、自分に合った選び方のポイントをご紹介します。

 

各脱毛方法によるメリットやデメリット、仕組みの違いを詳しく知り、適切なケアでツルスベ肌を手に入れてみてくださいね。

肌や毛量タイプ別におすすめの脱毛クリームやケア方法も紹介するので、参考にしてみましょう。

 

脱毛クリーム・除毛クリームの違いはあるの?

クリーム

クリームでの除毛は、ほかの自己処理方法と比較すると比較的安全できれいに除毛できる方法です。

しかし、一般的に混在している除毛クリームと脱毛クリーム、抑毛ケア、その表示に違いはあるのでしょうか?

混乱しがちな表記の違いを調べてみました。

除毛・脱毛・抑毛の違い

まずは、除毛・脱毛・抑毛についての違いを見てみましょう。

脱毛

毛を抜く効果・もしくは毛根破壊で生えなくしていく効果について使われます。
例:毛抜き・脱毛テープ・脱毛ワックス・医療レーザー脱毛

除毛

毛のカット・毛を溶かすなどして、表面から出ないようにする方法を指します。
例:除毛クリーム・除毛スプレー・シェーバー・カミソリ

抑毛

抑毛は毛の成長を抑える効果で、除毛・脱毛の効果はありません。
例:抑毛石鹸・抑毛ローション

まとめ

溶かしたりカットすることは除毛に当たります。

毛根から作用して毛母細胞を破壊したり、毛を抜いたりする脱毛効果はクリームにはありません。

はがすタイプのワックスや脱毛テープはあれど脱毛ができるクリームはないのです。

一般に使われている言葉の意味では、脱毛クリーム=除毛クリームと同じものとして使われています。

タイプ別脱毛クリームおすすめランキング

コスメボトルやパッケージ

 

人気の高い脱毛クリームを選ぶことも良いのですが、自分の肌タイプを考えずに選ぶと肌トラブルに繋がる恐れもあります。

毛の量や、脱毛したい範囲、使い勝手や手に入れやすさ・コスパなど、気になるポイントをまとめてみました。

肌タイプと毛の量・範囲別で、脱毛クリームをおすすめ♪

自分に合いそうな条件を参考にして選んでみましょう。

普通肌

乾燥がなく、脂性肌でもない普通タイプは、比較的肌が丈夫です。

使う量、範囲やコスパ、香りや使い方から選んでみてはいかがでしょうか。

 

★毛が多め・範囲が広い

商品名:除毛革命
除毛革命の画像
値段:1,580円(380g)
肌ケア効果:ヒアルロン酸・コラーゲン・トリペプチド配合
使いやすさ:塗って待つだけ。脱毛後、水やガーゼでクリームを取り除きます。
処理時間:塗布後、5分~10分
手に入れやすさ:amazon・楽天など通販ショップで購入可能
香り:シトラス系

 

 

★毛が少なめ・範囲が狭い

商品名:ラブリーレッグエピWケア
ラブリーレッグエピWケア
値段:2,980円(150g)
肌ケア効果:サクラ葉・クロレラ・カッコンと美白・保湿成分や抑毛成分を配合。
使いやすさ:手に取って広げられる低刺激タイプ。専用アイテム不要。
処理時間:塗布後、10分
手に入れやすさ:通販と公式サイトで購入可能。美肌ケアジェルセットもあります。
香り:ほんのりシトラス系の香り

 

 

乾燥肌・敏感肌

脱毛クリームは洗い落とすため乾燥しがちです。

乾燥肌タイプが選ぶときは保湿力が高く、しっとりした洗い上がりのものや、低刺激の脱毛クリームを探してみましょう。

 

★毛が多め・範囲が広い

商品名:NULLリムーバークリーム
NULL除毛クリーム
値段:4,980円(200g)⇒特価:2,400円(200g)
肌ケア効果:アロエ他保湿成分配合・デリケートゾーン使用も可能で女性も使用可能
使いやすさ:手で塗り広げることが可能。使用後、ティッシュでオフし、水で流す。
処理時間:塗布後、5分~10分
手に入れやすさ:公式ショップ・楽天などの通販で購入可能です。
香り:グリーンフローラルの香り

 

 

★毛が少なめ・範囲が狭い

商品名:D.REGINA(ディー・レジーナ・エピ・プレミアム)
Dレジーナエピ
値段:2,833円(150g)
肌ケア効果:サクラ葉やクロレラ、カッコン・アロエエキスなど美肌ケア成分配合
使いやすさ:チューブから直接乗せて、手で塗り広げることができます。
処理時間:塗布後、10分~15分
手に入れやすさ:楽天などの通販・公式サイト購入が可能です。
香り:ピンクグレープフルーツの香り。

 

 

脂性肌・ニキビ肌

テクスチャーがさっぱりめで洗い流しがしやすいものや、刺激が少ない物を選ぶようにしましょう。

子どもでも使用できる低刺激性のものや、肌に乗せる時間が短い物、肌ケア効果が高いものがおすすめです。

 

★毛が多め・範囲が広い

名前:セシルマイアインバスリムーバー
セシルリムーバー
値段:2,980円(200g)
肌ケア効果:桃葉他植物エキスとニキビケアにも用いられるワセリンを配合。
使いやすさ:スポンジ一体型で手を汚さずに濡れる・お風呂で使用可能。
処理時間:塗布後、1分~3分
手に入れやすさ:楽天他通販・公式ショップで購入可能。
香り:特に強いニオイはなし。

 

 

★毛が少なめ・範囲が狭い

名前:パイナップル豆乳除毛クリーム
パイナップル豆乳除毛クリーム
値段:2,600円(100g)
肌ケア効果:尿素の保湿と植物エキス配合で小学生でも利用可能な低刺激ケアを実現
使いやすさ:直接乗せてスパチュラで広げ、ティッシュオフして水で流します。
処理時間:塗布後、5分~10分
手に入れやすさ:楽天や公式ショップで購入できます。定期購入で安く購入可能。
香り:刺激臭がなく、ほぼ無臭。

 

 

脱毛クリーム除毛は肌への負担が少ない

クリーム画像

脱毛クリームのケアが肌にやさしいといわれるのは、なぜなのでしょうか?

他の脱毛・除毛方法を比較しながら、メリット・デメリットについて解説します。

肌への影響、起こりえる肌トラブルについても見ていきましょう。

カミソリ

剃刀イメージ

*メリット

  • 範囲が広く、滑らせるだけなので処理速度が早い。
  • 深剃りができるので、表面がきれいに仕上がる。

 

*デメリット

  • 刃で肌を削り、傷ができるなど肌ダメージが大きい。
  • 毛先がとがり、生え始めてくるとチクチクする。
  • 1~3日ではまた処理が必要になる。

 

*考えられる肌トラブル

切り傷・カミソリ負け・炎症・乾燥肌・埋没毛・色素沈着

 

*トラブル要因

カミソリの雑菌・摩擦・肌表面のバリア機能の低下により角質の厚みやメラニン色素が増え、色素沈着や埋没毛などの要因になります。

毛抜き

ピンセット

*メリット

  • 1本ずつ、元から抜くので仕上がりがきれい。
  • 隙間時間などで手軽に始められる。

 

*デメリット

  • 毛根や肌を傷つけて出血する恐れがある。
  • 範囲が広いと時間がかかる。
  • 毛穴が広がる恐れがある。

 

*考えられる肌トラブル

皮膚を引っ張ることによる傷・内出血・埋没毛・色素沈着・毛穴開き

 

*トラブル要因

毛穴の炎症・雑菌・切れ毛により毛穴がふさがることで肌トラブルが起きます。

シェーバー

シェ――バー

*メリット

  • 範囲が広く、滑らせるだけなので処理速度が早い。
  • 刃が直接顔に当たらないので肌ダメージが少ない。

 

*デメリット

  • 深剃りは難しいので処理後はそれほどきれいにならない。
  • 毛先がとがり、生え始めてくるとチクチクする。
  • 1~3日ではまた処理が必要になる。

 

*考えられる肌トラブル

切り傷・摩擦

 

*トラブル要因

無理に深く剃ろうと肌に押し付けると、摩擦や切り傷などの肌トラブルになります。

脱毛ワックス

脱毛ワックスイメージ

*メリット

  • 毛を抜くので生えてくるまでの間隔が長い。
  • 毛根から抜くので表面がきれいに仕上がる。

 

*デメリット

  • 肌に貼ってはがすため、毛根などへの肌ダメージが大きい。
  • 一気に毛を引き抜くので痛い。
  • 長さに気を付けないと途中で切れたり、抜けない。

 

*考えられる肌トラブル

炎症・乾燥肌・埋没毛・色素沈着・毛穴開き

 

*トラブル要因

毛穴の炎症・雑菌・切れ毛により毛穴がふさがり埋没毛になることがあります。

肌表面に張ってはがすことで肌ダメージによる赤みや肌トラブルが出ることがあります。

 

脱毛クリーム

脱毛クリームのチューブ

*メリット

  • 塗って待つだけで除毛できるので広範囲を一気に処理できます。
  • 皮下数mmまで毛を溶かすので、表面がきれいに処理できます。
  • 毛先が丸くなるので、毛が伸びてきてもチクチク感がありません。

 

*デメリット

  • 個人の肌質や状況によっては肌荒れする恐れがある。
  • 粘膜に近い部分や顔やデリケートゾーンには使用できない。
  • 3日程度ではまた処理が必要になる。

 

*考えられる肌トラブル

炎症・乾燥肌・色素沈着・かぶれ

 

*トラブル要因

成分のアレルギー・洗い流しの不十分さ・処理後の乾燥・時間の置きすぎなどで肌トラブルになることがあります。

 

まとめ

処理方法別に、考えられるデメリットや肌トラブルについてまとめてみました。

この自己処理での脱毛の中で、最も安全とされるのがシェーバーでの処理です。

しかし、広範囲をきれいに除毛するのであれば、脱毛クリームがおすすめです。

広範囲を一気に処理でき、毛のタンパク質を溶かすので、埋没毛になりにくく仕上がりがきれいです。

トラブルについても、適切なケアや使用方法、肌に合ったタイプを選ぶことでリスクを下げることができますよ。

肌に負担が少ない方法と脱毛クリーム使い方

 

肌負担の少ない脱毛クリームの使用方法

肌ダメージの少ないケア

 

 

ムダ毛はカットして1cm前後にしておく

毛が長すぎると、根元まで届かず上手く除毛できないことがあります。

シェーバー等を使ってカットしておき、1cm前後にしてから除毛しましょう。

短すぎても上手く除毛できないことがありますので、適度な長さで行います。

 

事前にパッチテスト

二の腕など、見えにくい部分を使ってパッチテストを行います。

テストする場所に塗り、5分、10分など脱毛クリームの目安時間までおいてください。

赤くなる・痛み・痒みなど異常があれば、肌質に合わないので使用を止めましょう。

生理期間や妊娠前後などのホルモンバランスが変化している時に行うと、トラブルになることがあります。

その期間は避けましょう。

 

毛穴を開く

濡れタオルをレンジ対応のストックバッグなどに入れて、1分ほど電子レンジにかけてホットタオルを作ります。

熱すぎないほど適度な温度になったら、タオルを除毛する場所に乗せます。

毛穴が開くので、汚れが落ちやすくなります。

毛穴の開きにより除毛剤が入り込みやすくなるので、除毛効果がアップしますよ。

 

塗布する場所を清潔にする

余分な油脂や汚れが付着していると脱毛効果が下がります。

先に清潔にすることでクリームの付着効果を高めましょう。

よく泡立てた石鹸などで汚れを落として洗い流してから除毛します。

 

脱毛個所に塗る

擦りこまずに広げるようにして、毛が隠れるほどたっぷり乗せます。

タンパク質を溶かす効果により、爪や髪のたんぱく質が溶ける恐れがあるので、付属の木べらやパフを使って広げましょう。

背中などの除毛の場合は、髪が塗布部分に触れないようにまとめましょう。

 

目安時間を待つ。

シャワータイプでも、直接あてると流れるので、流さないように注意。

塗りむらができる部分や、液だれが気になる脱毛クリームの場合は塗ったところを覆うようにラップで巻きます。

 

目安の時間が経ったら、脱毛クリームを拭います。

ティッシュ・付属スポンジ等を使って、力を入れずにくるくると拭い取って落とします。

上手く取れないからと力を入れたり、何度もこすると、肌荒れやかぶれの要因になります。

 

脱毛クリームがなくなるまで、しっかり洗い流します。

脱毛クリームが肌に残ると、かぶれなどのトラブルになることがあります。

ぬるま湯でしっかり流してください。

 

清潔なタオルで水分をオフし、保湿ケア、乳液での保護を行います。

タオルに水気を吸わせます。こすらず、押し当てるだけにしましょう。

乾燥するのでアルコールやエタノールの多い収斂効果がある保湿ケアは避けましょう。

保湿効果の高い化粧水をしっかりハンドプレスし、浸透させます。

 

冷却・引き締め

冷やした濡れタオルや保冷材などで冷やして引き締めておくと、毛穴開きの予防ができます。

脱毛クリームの後は、乾燥するので適切な乾燥ケア・引き締めを行いましょう。

それから乳液やボディミルクで油分を足して保護します。

多少手間はありますが、これでしばらくはツルツルすべすべ。

さらに毛先が丸くなっているので、伸びてきてもチクチクしません。

 

自己処理での肌トラブル

剃刀の刃自己処理でのケアで肌トラブルが発生する要因には、使う処理アイテムの管理や事前・事後のケア不足が大きく影響しています。

自己処理での肌トラブルに多い色素沈着は、ダメージを受けた肌を守るためにメラニン生成が活発化することで発生します。

同じように埋没毛も、カミソリで削れた肌や傷を修復・雑菌から守るために皮膚が厚くなることで起きます。

エステやクリニックなどでは、機材の衛生管理に加えて、事前に十分に冷やして脱毛施術をしたり、施術後も冷却や保湿ケアなどを行います。

このように適切なケアをすることで、肌の負担を軽減したりトラブルを予防しているのです。

家庭での自己処理においては、この衛生管理・事前ケアや事後のケアができていないことでトラブルを起こしやすいのです。

埋没毛や炎症トラブルなどを避けるには、こうした下準備や事後のケア部分を徹底することが大事です。

埋没毛を防ぐのは処理後のケアがポイント

ケアクリーム・スクラブ

 

摩擦や傷ができない分、脱毛クリームでの除毛は、肌への負担が少なく埋没毛ができにくいです。

しかし、肌のターンオーバーが悪くなっている状態の場合、脱毛クリームでも埋没毛が発生する恐れがあります。

 

これを予防するために、脱毛ケアから1日経った後にはスクラブでのケアや保湿・収斂ケアを取り入れてみてください。

マッサージ用スクラブ、もしくは砂糖と蜂蜜・保湿用オイルなどを混ぜた自作スクラブでマッサージがおすすめです。

粒子の細かいスクラブで優しくマッサージして、ぬるま湯で流してから保湿・収斂効果のある化粧水などで引き締めましょう。

 

ただし、スクラブでのケアは肌への負担があるので、週1程度にしてください。

脱毛クリームを含め、自己処理を断続することは、多少なりとも肌に負担がかかります。

もし、肌の負担が大きく、すでに乾燥や炎症などのトラブルが起きている場合は、自己処理自体を減らすことから考えましょう。

自己処理の頻度を減らすと肌のダメージを軽減できますので、肌質の維持が期待できますよ。

 

自己処理回数を減らすには

剃刀・自己処理

ムダ毛というのは、剃っても抜いても、際限なく生えてくる気がしますよね。

でも実際には、同じ毛穴から生えている毛はいつまでも生えたままではないんです。

毛には毛周期があり、毛母細胞から生まれてから毛穴の中で育ち、外に出てきます。

外に出てきた後、成長時期が終わると次に生まれる毛に押し上げられることで、毛が抜け落ちます。

これを毛穴1つ1つで繰り返しているんですね。時期が微妙に違うので、抜いた毛のすぐ近くの別の毛穴から毛が出てくることもあります。

そのため、1回処理してもすぐ生えてきている感じがするんですよね(^^;)

毛を作り出す毛母細胞の働きや毛の成長が早く活発だと、自己処理で剃ってもまた次の毛が成長して処理が必要になります。

自己処理回数を減らすには、毛母細胞の働きを抑えることが必要なのです。

抑毛石鹸・抑毛ローション・光脱毛には、この働きを弱まらせて発毛を遅くする効果があるので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ムダ毛ケアされた脚

肌に負担が少なく、効率的で仕上がりがきれいになる脱毛方法。

その一番の方法は、脱毛クリームということが分かりましたね。

 

【肌に負担が少ない理由まとめ】

  • 摩擦・表面を削らないことでターンオーバー異常や埋没毛が起きにくい。
  • 広範囲の除毛を一気にでき、皮下数mmまで溶かすので仕上がりがきれい。
  • 毛先が丸くなるのでチクチクせず、伸びてきても気になりにくい。
  • 5分~10分と使用時間が短く、ケアがしやすい。

 

【トラブル予防のポイント】

  • 自分の肌に合った脱毛クリームを選ぶ。
  • パッチテストを行って、用法や使用注意を守って使う。
  • 事前のケア・事後のスキンケア・抑毛ケアを行う。
  • 自己処理の頻度を減らして、肌への負担を減らす。

 

これらのポイントを知って、注意することが脱毛クリームで失敗しない道です。

参考にして、ツルツルすべすべの肌を手に入れてみましょう。

おすすめの記事