女性_睡眠

脱毛について案外知らないことがあるかもしれません。

脱毛について基本的な情報から、自分でできる脱毛方法、サロンやクリニックの脱毛のことなどを紹介していきます。

脱毛について

女性_背中

脱毛は毛が根本から無くなることを言います。
ストレスやAGAなどで抜ける毛も脱毛の仲間になりますが、ここでは自ら不要だと思う毛を根本から処理する方法のことを言います。

みんながやっている脱毛方法とは?

wax

脱毛には自ら処理できる方法と、脱毛サロンや脱毛クリニックで専門スタッフにおまかせする方法があるので紹介していきます。

・毛抜き

毛抜きは1本1本手作業で毛を抜いていきます。抜いた後はしばらく毛がはえなくなりますが、埋没毛、毛のう炎、色素沈着、出血などの肌トラブルを招く元になってしまいます。1本1本自分で処理するとなると時間もかかり痛みもあるので、全身脱毛のような広範囲の処理は無理でしょう。

 ・脱毛テープ

市販で購入できる脱毛専用のテープです。シートを貼って剥がすだけなので、手間がかからずに簡単に脱毛できる商品です。ある程度毛を伸ばさないと処理することができません。

 ・脱毛ワックス

ワックスを使った脱毛はサロンでもできるし、自宅で自ら処理することもできます。ワックスの温度調整や脱毛のコツを掴むのは大変ですが、脱毛後の快適さからリピーターも多くいます。

 ・光脱毛

脱毛サロンで摂り入れられている脱毛方法です。クリニックの脱毛と比べると安く施術を受けることができ、多くの女性が通っています。ただし永久脱毛には当てはまらず、脱毛完了しても絶対に毛が生えてこないという保証はありません。

 ・医療レーザー脱毛

免許を持った医師が行なうことのできる脱毛方法です。少ない回数で高い効果を得ることができる脱毛方法ですが、費用が高くなります。永久脱毛ができ、医師がいる機関で施術を受けることができるので、万が一施術後にトラブルが起きてもすぐに適切な処置を受けることができます。

光脱毛と医療レーザー脱毛の違い

テラス_女性

光脱毛と医療レーザー脱毛は、光を当てて脱毛するという仕組みは同じです。しかし、費用や効果が全く違うので比較してみました。

光脱毛 医療レーザー脱毛
場所 サロン・エステ クリニック
回数 5~10回前後 10~20回前後
費用 25~35万円 15~45万円
痛み 比較的弱い
(ゴムでパチンと弾かれた感覚)
比較的強い
(麻酔がないと耐えきれない人もいる)
期間 3~4年 1~2年
施術者の資格 特になし 医師免許

サロンやクリニックで使用される脱毛器の種類

サロン_マッサージ

光脱毛と医療脱毛の機械には種類があります。それぞれ特徴が異なるので見てみましょう。

光脱毛の機器

*S.S.C脱毛*

Smooth Skin Control(スムーススキンコントロール)の略。
専用のジェルを使用して、その上から光を当てます。
ジェルを使用することによって、直接毛根にダメージを与える脱毛機よりも痛みを和らげることができました。人によっては無痛という方もいます。
ジェルには植物性美肌成分が含まれているので、脱毛による肌トラブルを起きにくくし、美肌効果を得ることができます。
S.S.C脱毛は毛の周期関係なく施術を受けることができるので、最短で2週間おきに施術を受けることができます。

*IPL脱毛*

Intense Pulse Light (インテンスパルスライト)の略。
レーザー脱毛のように黒い物に反応するので、光が毛乳頭に直接ダメージを与えて毛が再生しようとする力を弱めることができます。
IPL脱毛はS.S.C脱毛より効果が高いですが、毛周期に合わせて施術しなければ効果が低くなってしまいます。

医療脱毛の機器

*ダイオードレーザー*

日本人の肌質に合ったレーザーを選び痛みや肌トラブルを最小限に抑えた脱毛を行なうことができます。ダイオードレーザーは毛乳頭ではなくバルジ領域を破壊する目的があります。バルジ領域とは毛乳頭よりも上にあり皮脂腺よりも下にあるもので、毛が再生される時に大事な働きをします。このバルジ領域を破壊することで毛の再生を妨げます。

【ダイオードレーザー採用の脱毛機】

・ライトシェアデュエット

・メディオスターNeXT

・ソプラノ

*アレキサンドライトレーザー*

日本で初めて導入されたレーザー脱毛機で、厚生労働省に認定されている安全性の高い医療レーザー脱毛器です。他のレーザー脱毛器に比べると痛みが弱く、美肌効果があるという特徴があります。ただし、日焼けした肌に施術することはできず産毛には効果がありません。

【アレキサンドレーザー採用の脱毛機】

・ジェントルレーズ

・アポジーエリート

・G-MAX

*YAGレーザー*

YAGレーザーは他の医療レーザーよりも波長が長く、より深い部分にある毛根にも効果を発揮することができます。深い部分に歩けにもしっかり効果を発揮することができるので、通常効果の出にくい脇やVIOの脱毛も早く効果を実感することができます。濃いけだけじゃなく、産毛にも根本までダメージをあたえることができます。効果が高い分痛みは他の医療レーザーよりも強いのがデメリットです。

【YAGレーザー採用の脱毛機】

・ロングパルスYAGレーザー

・G-MAX・エリートプラス(アレキサンドライトレーザーとの複合機)

・ジェントルYAG

まとめ

プール_水着_女性_背中

脱毛は根本から毛を処理することなので、カミソリでの自己処理とは違います。根本から処理することで抜けた後はしばらく生えてこなくなり、処理が楽になります。

自分で脱毛するとなると限界があるので、費用や時間に余裕のある方はサロンやクリニックで脱毛すると良いでしょう。

よく考えて自分にあった脱毛方法を選んで、ツルツルのお肌を手に入れましょう!

おすすめの記事