違いについて

脱毛といっても様々な種類があり、受けることができる場所も限られています。その中でも特に有名な脱毛の種類が医療レーザー脱毛と光脱毛です。
これらはそれぞれ同じ場所で受けることができるわけではありません。また、光脱毛とレーザー脱毛はそれぞれ異なる特徴があるので、受ける前にその違いをしっかり覚えておきましょう。
医療レーザー脱毛の場合は基本的に医療機関でしか受けることができません。その理由は法律によって、医療レーザー脱毛を実施することができる人を制限しているからなのです。
つまり、実際に医療レーザー脱毛を受けることができるのは、美容外科などです。それに対してエステサロンでは、レーザー脱毛を受けることができませんが、光脱毛を受けることができます。
光脱毛は医療レーザー脱毛と比較すると光が弱いので、資格を所持していないエステサロンのスタッフでも安全に脱毛してもらうことができるのです。
基本的にはこのような違いがある脱毛ですが、光脱毛の場合キレイにムダ毛を処理するまでに10回程度通う必要もあります。これと比較して、医療レーザー脱毛の場合はその半分以下の回数で仕上げることができるのです。
このように、同じ脱毛であっても施設に通う回数が異なるということも理解しておきましょう。
また、完全にムダ毛をなくすためには永久脱毛を行なう必要があります。レーザー脱毛を繰り返すことによって、完全にムダ毛を生えてこなくすることができるのです。
これは、医療レーザー脱毛ならではの効果なので、覚えておきましょう。

痛みについて

医療レーザー脱毛を受けることができる施設は美容外科です。美容外科では基本的にお客さんのキレイになりたいという願いを応援しているのです。
そのため医療レーザー脱毛以外にも様々な施術を実施しています。美容外科で受けることができる施術には、レーザーを利用したものもたくさんあります。
それは、顔のむくみを解消するものや、しみやあざなどを消すものなど様々な種類があるのです。その中でも脱毛を専門としている医療レーザー脱毛は多くの人が受けるため人気の施術となっているのです。
少し前の医療レーザー脱毛と比較すると、その効果は現在どんどん上昇しています。そのため半永久的に脱毛を受けた場所はムダ毛の心配をする必要がないのです。
しかし、口コミなどでは医療レーザー脱毛は痛いと言われています。しかし、それは実際に医療レーザーが毛根を破壊している証拠なのです。この痛みは人によって感じ方は違うのですが、それほど痛いものではありません。
また、最近は医療技術の発展によって高い効果を出しつつも、その痛みをできるだけ抑える方法が美容外科で採用されています。
それでも痛みが気になる人は麻酔をしてもらうと良いのです。麻酔にも様々な種類があり、注射が嫌いな人でも安心して受けられるものあります。
これらを利用することによって、医療レーザー脱毛をより安心して受けることができ高い効果を実感することができるのです。
実際に医療レーザー脱毛を受けるときには、美容外科の違いについて比較してみることも重要です。

効果の高さ

エステサロンなどでも、脱毛をすることは可能です。しかし、エステサロンの脱毛と比較すると医療レーザー脱毛はより高い効果を実感することができるのです。
医療レーザー脱毛の高い効果とはどのようなものなのか詳しく紹介するので、脱毛を受ける前にチェックしておきましょう。
まず、エステサロンの脱毛と比較して大きく違うことは基本的に照射できる光の強さです。この違いによって、美容外科で受けることができる医療レーザー脱毛は脱毛効果が高いと言われているのです。
エステサロンでも同じ脱毛器を使い同じ出力で照射しようとすると法律違反によって罰せられてしまうのです。そのため、エステサロンでは強力なレーザー脱毛を受けることはできません。
美容外科で医療レーザー脱毛を受けることができるのは、医師がしっかり判断して利用者に合わせて出力を調整しているからなのです。
つまり、医療レーザー脱毛は医師の判断によって出力を低くしたり、高くしたりすることができるのです。
エステサロンでも、利用者に合わせて光脱毛の出力を調整することはできますが、高いレベルでの出力ができません。しかし、美容外科では利用者に合わせることができるので、高い効果を発揮できるのです。
また、医療レーザー脱毛なら高いレベルで照射できるので、美容外科に通う回数を少なくすることができるのです。
そのため料金も安く済ませることもできるというメリットが、医療レーザー脱毛にはあるので受けるときには覚えておきましょう。

施術時間

医療レーザー脱毛は毛の色素に反応して毛根を焼き壊す脱毛の一種です。つまり、肌の白い部分には反応しないので、安心して治療を受けることができるのです。
しかし、日焼けをしている場合には、医療レーザー脱毛を受けることができなくなってしまうこともあります。これは、肌の色素が濃くなってしまうことにより、レーザーが反応してしまうことがあるからです。
そうなってしまっては、毛だけではなく皮膚にダメージを与えてしまうこともあるので、医療レーザー脱毛を受けるときには日焼けしないように注意しましょう。
そうすることで、安心して医療レーザー脱毛を受けることができるのです。また、医療レーザー脱毛のメリットとして挙げられるのは、安全に受けることができるだけではありません。
出力の高いレーザーを照射することができるので、基本的に身体に負担をかけることなく短い回数で終わらせることができるのです。
さらに、照射の力があるため施術時間もわずかな時間で済むのです。どんな脱毛方法であっても、施術台の上で寝ているだけで良いのですが、それでも身体に負担のかかる脱毛もあります。
施術台の上で寝る時間が長くなるほど、身体に負担がかかってしまいます。これはどの脱毛方法でも同じことが言えるので、しっかり理解しておく必要があります。
また、忙しくて脱毛する時間がない人では医療レーザー脱毛以外の脱毛方法は試すことができない場合もあります。他の脱毛方法では、施術にかかる時間が長い場合もあるので、注意しましょう。
医療レーザー脱毛の場合は部位にもよりますが基本的に短い時間で施術を終わらせることができるのです。

安心して受ける

安全性が高い脱毛方法として医療レーザー脱毛は医学的に認められているのです。
この脱毛を受けるときには、他の脱毛方法についても理解しておくことが重要です。まず、医療レーザー脱毛以外で有名なものは、ワックス脱毛です。
この脱毛方法は温めたワックスを脱毛したい部分に塗ることによって、一度乾燥させます。そうするとワックスが固まるので、これを剥がすことにより毛も同時に抜くことができるという方法なのです。
基本的に毛を抜く脱毛の種類なので、痛みを感じることもあります。自宅でもできるというメリットがありますが、自分では手が届かない部分はエステサロンなどでやってもらうことが基本です。
完全に脱毛できる方法として、医療レーザー脱毛と同じぐらい有名なものが、針脱毛です。この脱毛方法は美容外科や、エステサロンで受けることができます。
ムダ毛一本ずつ電気の通っている針を当てることにより、完全にムダ毛を破壊できるのです。この脱毛方法なら永久にムダ毛気にする必要なくすべすべの肌を実感することができるのです。
しかし、ムダ毛一本一本に針を刺す必要があるため、時間のかかる脱毛です。基本的にはレーザー脱毛ではできないような部分に適した脱毛方法です。
このように、医療レーザー脱毛以外にも様々な脱毛方法がありますが、何より医療レーザー脱毛が選ばれるのには理由があります。
それは、レーザー脱毛器が厚生労働省に認められたものだからなのです。基本的に厚生労働省が認めたものでなくては医療レーザー脱毛を実施することができません。
そのため、日本の美容外科では安心して医療レーザー脱毛を受けることができるのです。

基本的な知識

脱毛を受けるときには、毛のサイクルについて理解しておくことも重要です。
人間の毛にはサイクルがあり、これによって、毛が成長する時期と、抜けていく時期、休止する時期があるので、この違いについて理解しておきましょう。
毛が成長する時期のことを成長期といい、この時期には、毛がどんどん成長していくので、この時期がずっと続くと毛も永遠に伸びていくことになります。しかし、成長期が続くことはなく、逆に退行期というものがあります。
この時期は毛が成長するのではなく、弱っていくので、毛が抜けていくことも珍しくありません。その後は、休止期と呼ばれており、新しい毛を生やすための準備をしている期間なのです。
毛のサイクルを知ることによって、医療レーザー脱毛を受けるときに何が分かるのかというと、医療レーザー脱毛を受けることができる時期と、できない時期を把握することができるのです。
医療レーザー脱毛は基本的に毛の色素に反応することで、脱毛することができるのです。しかし、退行期や休止期の場合は色素がほとんどなくなってしまっている場合が多いので、脱毛することができないのです。
つまり、この時期をしっかり把握することによって、医療レーザー脱毛を効率よく受けることができるのです。
美容外科では、利用者のムダ毛サイクルに合わせ、医療レーザー脱毛を実施するので、数ヶ月に1度通うことが一般的です。
数ヶ月後に行くのは、基本的に毛が成長する成長期に突入する時期を見計らっているからなのです。

おすすめの記事