綺麗な肌

綺麗な肌を維持するためには毎日のケアが必要ですが、自己処理をしている箇所はいくらケアをしていても肌表面が削れてしまいます。
特に夏場に露出することの多い手足やわきなどは、見た目を気にして毎日カミソリやシェーバーなどで脱毛処理をしている人も多いです。
脱毛サロンや医療機関に行くよりもお金がかかりませんが、その代わり毎日肌を傷つけてしまうので綺麗な肌の再生を促すことができなくなります。
肌はとても薄くデリケートなため、連日剃ることによってメラニン色素が発生してしまいます。
メラニン色素は肌の黒ずみの原因を作り出してしまうので、剃っていくことにより肌が少しずつ黒ずんでしまいます。
一度黒ずんだ肌は簡単に改善することができにため見た目を汚い印象にさせてしまいます。
自己処理は時間をかけて行うので、これを毎日繰り返していると時間がとても勿体無いです。
脱毛をするとならエステサロンや医療機関に依頼することで、自己処理をするよりも安全に脱毛処理をすることができます。

エステサロンでは光脱毛やフラッシュ脱毛を主に行っており、医療機関では医療レーザー脱毛が行われています。
その中でも医療レーザー脱毛はレーザーの出力が強いため、一度の施術だけでも大きな効果を期待することができます。
一度だけでは完璧に毛根を全て破壊することはできませんが、何回か行うことによって永久脱毛に近い脱毛処理が行えます。
エステサロンで施術をするよりも値段が少々高いですが、たった数回で脱毛効果があり毎日の脱毛処理の手間を省くことを考えたらレーザー脱毛の方が良いといえます。

美肌効果

通常自己処理での脱毛をしてしまうと肌を傷つけてしまい、最悪の場合肌の黒ずみが発生してしまいます。
脱毛処理ができたとしても黒ずみが発生しては脱毛箇所を綺麗にした意味がありません。
現在では医学が進歩しており、医療機関ではムダ毛の悩みを抱えている人のために医療レーザー脱毛を行っています。
医療レーザー脱毛では特殊なレーザーで対象の箇所を脱毛していきますが、他の箇所には光による影響を与える心配もないので安心して施術を行えます。
肌にはメラニン色素がありますが、自己処理をすることによってメラニン色素が大量に発生して黒ずみの原因になります。
医療レーザー脱毛をすることによって、レーザーが毛根にあるメラニン色素を吸収してくれます。
また毛根だけではなく肌の中にあるメラニン色素も吸収するので、黒ずみの原因を直接取り除くことができるのです。
肌の黒ずみに悩んでいる人は医療レーザー脱毛をすることで美白効果を得ることができます。
毎日自己処理を続けているとメラニン色素が生成されて黒ずみが悪化してしまいます。
ですが医療レーザー脱毛で永久脱毛に近い脱毛をすることで綺麗な肌を作り出すことができます。

またわきがの人はわきにあるムダ毛が原因で起こることもあります。
毛に菌や汚れが付着することにより、そこから臭い成分を発生させてわきが特有の臭いになります。
症状が重いわきがならわきが専用の手術をする必要がありますが、軽度のものなら医療レーザー脱毛をすることで改善できる場合もあります。

施術方法

特に女性は手足やわきの脱毛をしたいと考えている人が多いです。
見た目を意識して自己処理をすることで毛を綺麗に剃ることができますが、毎日剃ってしまうと肌の炎症を引き起こしてしまうことがあります。
敏感肌やアレルギー肌の人は肌刺激に敏感なため、自己処理をするのではなく医療機関で医療レーザー脱毛をする方が安全性も高いです。
医療レーザー脱毛では普通肌の人はもちろんのこと、敏感肌やアレルギー肌の人でも施術を受けることができます。
医療レーザー脱毛を受ける前にまずは医療機関でカウンセリングを行う必要があります。
カウンセリングでは専門医がその人の肌状態を見ていき、施術が可能であれば医療レーザー脱毛の方法について説明をしていきます。
医療レーザー脱毛は基本的に出力が高いですが、その人の肌状態に合わせて出力の調整をしていきます。
肌に負担を与えない方法で行うので、肌状態が心配な方でも専門医の診察の元でその人に合った治療ができます。

医療レーザー脱毛をする前には対象の箇所のムダ毛を剃る必要があります。
医療機関によっては自己処理をしてこなければならないときもあるので、事前に確認をしておかなければなりません。
その後は対象の箇所にジェルを塗っていき、医療レーザー脱毛で脱毛処理を行っていきます。
脱毛処理をした後は肌が敏感になっているので、照射した箇所を冷却して保湿をしていき施術を終えることができます。
また医療レーザー脱毛は一度だけでも効果がありますが、何回か行うことで多くの毛を毛根から破壊することができます。

施術の痛み

医療機関で行われる医療レーザー脱毛は安全性が高く施術の痛みも少ないとされています。
人によっても施術中の痛みの度合いは異なっていますが、大半の方は少しピリッとした痛みを感じる程度です。
最初は少し痛みに驚いてしまうこともありますが、医療レーザー脱毛を何回か続けることによって次第に痛みに慣れることができます。
中でも毛が太く、量が多い人は施術中に痛みを感じやすいですが、専門医と相談することにより最初はレーザーの出力を下げて施術を行えます。
その後は脱毛効果による少しずつ毛が薄くなっていくので、それに合わせてレーザーの出力を上げていきます。
医療機関によって使われるレーザーの機械が異なっており、中には痛みを軽減させるために冷却機能のあるものや皮膚の吸引などを行うものがあります。
これらを導入している医療機関を探せば、通常よりも痛みを緩和して脱毛処理を行うことができます。
医療レーザー脱毛をして痛みに耐えられないときは特殊な麻酔を使って痛みを緩和させていきます。

施術中は常に専門医が側にいるので、肌に何かトラブルがあったときでもすぐに対応することが可能です。
場合によっては施術を中断してから少し期間をあけて肌再生を促し、再度脱毛施術をするということもあります。
医療レーザー脱毛後は人によって皮膚の腫れや炎症を起こしてしまうこともありますが、適切なケアをすることによって少しずつ症状を改善していくことができます。

避けた方が良い時期

医療レーザー脱毛は比較的安全に脱毛処理を行うことができますが、医療機関選びをするときには下記に注意をする必要があります。
まずはクリニックの場所ですが、一度医療レーザー脱毛をするだけではなく何回も通うことになるためアクセスしやすい場所選びをしなければなりません。
いくら口コミで人気の場所であっても通いにくいところならアクセスするだけでも時間がかかってしまいます。
現在は利用者のことを考えて駅から近くに店舗を構えているところも多く、そこなら駅から徒歩数分でたどり着くことができます。
その他にも施術前のカウンセリングをきちんと行っているかどうかも重要です。
カウンセリングをすることでその人の肌質や、医療レーザー脱毛に適している肌なのかを判断することができます。
医療レーザー脱毛では肌質によって避けた方が良い人もいます。
医療レーザー脱毛はメラニン色素に反応して脱毛処理を行うので、日焼けをした後に脱毛を行うと肌を傷つけてしまうことがあります。
適度な日焼けならカウンセリングで専門医から施術の許可が下りることもありますが、過度な日焼けをしている人はNGになることが多いです。

これから医療レーザー脱毛を受ける人は極力日焼けをせず、紫外線対策をしておくことが大切です。
また妊娠中や生理中などは肌がとても敏感になっているので、肌の炎症が起こりやすいといえます。
中には妊娠中や生理中でも施術を行うことができるクリニックもありますが、安全性を重視しているなら出来る限りその時期を避けた方が良いです。

エステとの違い

エステサロンや医療機関では脱毛施術をすることによって、ムダ毛の悩みを解決することができます。
日本全国には多くのエステサロンが点在していますが、一度の施術が安い金額で受けることができるので学生から大人まで人気を呼んでいます。
ですがエステサロンでは基本的に光の出力が弱く設定されているので、一度の施術ではあまり効果を期待することができません。
それから何十回も行うことで少しずつ毛が細くなり始めますが、永久脱毛に近い脱毛は長い期間をかける必要があるのです。
出来る限り早く脱毛処理をしたい人は、医療機関で医療レーザー脱毛をすると短期間で理想の脱毛が行えるのです。
脱毛箇所によっても違いますが、約5分から10分の時間で施術を完了することができます。
エステサロンと医療機関で同じ回数の脱毛処理を行うと、レーザーの出力が高い医療機関の方が早く脱毛を完了できます。

エステサロンでは基本的に光脱毛や電気脱毛を行っています。
専門機関へ脱毛をすることは自己処理をするよりも安全性が高いといえますが、それでも少しは肌へダメージを与えています。
光の出力が弱いエステサロンでは何回も脱毛処理をしなければならないので、通う回数に応じてダメージを積み重ねていきます。
それに比べて医療レーザー脱毛では数回の施術で効果があるので、肌への安全面を考えるなら医療レーザー脱毛の方が良いといえます。
医療レーザー脱毛を行うことができる場所は数多くありますが、インターネットを利用することで地域ごとの専門機関を探すことができます。

おすすめの記事