美しい男になる

男性にも美は求められている。
美や美容といえば、女性がもっぱら利用しているイメージが強かった。
しかし、視点を世界や幅広い時代に広げてみると、こうした概念は単なる一時的な固定概念であるということが分かる。
お隣の韓国では、男性や女性アイドルグループが世界的にも人気になっているが、メンバーは全て見た目が整えられており、女性並に綺麗な肌をしている男性グループも珍しくない。
同じ日本でも、芸能人はひげなどの見た目も整えることに気を使っており、脱毛できるメンズエステの数もこうした芸能人の活躍が影響し、全国的に増加している。
絵画に描かれているのは女神などが多いので、美といえば女性やミューズといったイメージがある。
しかし、ルネッサンス期には人間性が重視され、男性と女性の美は共通のものというイメージがあった。
そしてギリシャ時代では男性の美を礼賛する文化が当然のごとくあり、男性像も多く作られていた。

こういったこともあり、男性もメンズエステなどで脱毛し、美しさを追求するということが受け入れられるようになってきた。
男性の美しさとは、女性とはまた違った魅力がある。
女性のように美しい肌を目指すこともできれば、ひげや胸毛に代表される男性らしさを目指すためにも、メンズエステなどは用意されているのである。
メンズエステでは、痩身や脱毛などが行われているが、主にフェイシャルエステが人気はある。
女性の目を気にすることなく通えるように、サロンの作りも考えられているので、安心して美を追求できる。

面倒な処理

美を追求するためには、少しの苦労はしなければならない、ということが常識となっている。
特にファッションは我慢をすることでもあり、女性は寒い時期でも流行っているからといってミニ・スカートなどを着用するという人も多い。
しかし、これが毎日となってくるととても面倒になってしまう。
面倒ということは美容には大敵である。
このため、身だしなみを整えるためには「面倒」という意識をなるべく無くし、整えやすい方法を模索することも大事なのである。
男性の身だしなみといえばひげの処理である。
ひげは毎日生えるもので、無精髭はサラリーマンのような職業の人々には無礼だともされている。このため処理が面倒であっても定期的に脱毛やひげ剃りをしなければならない。
しかし、ひげが濃い人は肌を傷つけてしまうこともあり、剃り残しがあったりするとこれもまた面倒である。

このため、メンズエステでは面倒なひげ処理を毎日しなくても済むように、ひげ脱毛のメニューが用意されている。
ひげ脱毛をすることで、濃いひげが産毛程度になるので、毎日顔にカミソリを当てなくても良くなる。
また、脱毛したことで、肌のダメージが少なくなるというメリットもある。
特に敏感肌の人は、肌に毎日カミソリを当てることで、その分肌が乾燥してしまう。
皮膚が敏感になり、薄くなったところにカミソリが当てられれば、炎症を起こすこともある。
脱毛をすれば、肌への負担を減らすことができるので、特に美容を追求したいという人でなくても、肌荒れに悩んでいる人は脱毛をメンズエステで行なうことを考えてみても良いであろう。

デザインできる

ひげ脱毛をすれば、ハリウッド俳優のようにワイルドなひげにすることもできる。
ひげ脱毛は範囲を決めて脱毛することもできるので、なにも全てを薄くし、生えなくするだけの脱毛ではないのである。
日本人は全体的に体毛が薄く、胸毛が生えている率も少ない。
このため、生え方がまばらなのである。
こうしたまばらな体毛が、かえって身だしなみを整えるということを難しくしているのである。
特に顔のひげで、頬に生える毛がまばらな人が多い。
無精髭を生やしてワイルドにしたい、という人は、口ひげやあごひげだけ残し、まばらな毛はあらかじめ脱毛しておくとデザインもしやすい。
理想のデザインがあるならば、エステティシャンと相談しつくりあげることも可能である。

また、全体的に脱毛することも可能である。
顔の作りで毛が似合わない、という人は、やはり毎日顔の処理をすることであろう。
濃い毛はカミソリで綺麗にそっても、毛根が肌の中に残っているので、毛の色が肌の表面から見えてしまうこともある。
肌の表面からこのような毛が見えることが、やはり顔の印象を少し暗く見せてしまう。
脱毛をすることで、毛根自体も薄くすることができるので、青髭に悩んでいる人はひげ脱毛を検討しても良い。
美容の追求やデザインは、人によって違いがある。
人の印象は顔のパーツでだいたいが決まるが、顔の印象にあわない毛量だと、印象がちぐはぐになってしまう。
ひげは顔の印象を決める大事な部分なので、自分でコントロールできるようになるとより自分らしい美容が追求できる。

処置の種類

ひげの脱毛はメンズエステや医療機関で行われている。
種類はいくつかあるので、利用しやすいものを選ぶべきである。
家庭でもできる方法はあるが、エステや美容皮膚科などで行った方が、処置後の肌荒れも少なくすることができる。
このため、できるだけひげ脱毛は専門の期間を利用した方が良いといえる。
ひげの処理で最も行われているのが、レザーなどでひげを剃る方法である。
脱毛はこれに対し、毛根に働きかけるので、毛の性質自体を変化させる可能性がある。

エステでは、針脱毛や光を使った脱毛を利用できる。
針を毛穴に刺し、そこにある毛根を焼ききるといった手法である。
電流を使って処理するので、痛みも少なく、確実に処理できる。
根本から処理するので、永久に脱毛できる可能性も高いのがこの針で焼く方法である。
毛穴に一つ一つ刺していくので、大変時間がかかる処置となっている。
このため、時間に余裕を作り、長期的な目標を持って利用することが大事である。
エステでは麻酔を施術中にかけることはできないので、針脱毛のときの痛みを軽減させることはできない。
痛みに強い人に推奨される施術でもある。

また、フラッシュともよばれる光で処理する方法もある。
黒い色に反応する特殊な光を使うことで、簡単にひげの毛根を死滅させることができる。
この方法は、レーザーや針よりも痛みが少ないという特徴がある。
黒い色に反応する光であるため、白髪まじりになったひげには効果がないことも多い。
早く脱毛したい、ひげに白髪もないという若い人に適した脱毛方法となっている。

男の身だしなみ

19世紀のヨーロッパでは、成人男性はひげを生やすことがファッションであり、成人の証であった。
日本では江戸時代になると月代を剃り、顔にもあまりひげを生やさない習慣があったが、武士以外の階級ではヒゲを生やしている人も珍しくなかった。
どちらにしろ、ひげをカットしたり、全て剃ったりということは男性に必要不可欠な身だしなみであることは確かである。
現在では全て剃り、脱毛することも、男性が行なう一つの身だしなみと捉えられている。
日本ではあまり脱毛をすることに意識が向いていないが、世界的にみると脱毛は基本的な男性の美容としても捉えられているのである。
このため、メンズエステでも男性の身だしなみを整えるために、ひげ脱毛ができるようなメニューを増やしているのである。

男性も女性も、顔をまず整えることが重要視される。
このため、フェイシャルエステがメンズエステでも人気である。
ニキビがあることで、ひげの処理が難しいという人もいるが、ピーリングなどで余計な角質や汚れを取れば、肌の調子も整えられ、ひげも処理しやすくなる。
脱毛以外にも、男性の身だしなみはたくさんあるので、エステを利用し、美しくなることができる。
また、髪も身だしなみを整えるために必要なパーツである。
特に男性では年齢によって脱毛が気になってくることもあるので、ヘッドスパで毛穴に詰まりやすい汚れをとることは大事である。
また、見えない場所を脱毛することも大事である。
肛門まわりや水着から出るような毛を脱毛することで、レジャーも楽しむことができる。

利用料金を知る

サービスを利用するときには、その便利さを考え利用を決めることもあるが、なによりお財布事情との相談が重要になってくる。
人生設計や生活主観に合わせた利用をすることで、負担を感じることなくサービスを利用できる。
特に、ひげ脱毛やメンズエステなどは、公共料金や家賃よりも、生活に対する優先順位が低くなるので、余計に料金が気になってくる。
しかし、ひげなどに対してコンプレックスを抱えているのであれば、他の生活を節約しても脱毛やエステの施術を優先するという人もいる。
日々受けるコンプレックスは、精神的にもダメージを少しずつ蓄積させていってしまう。
とくにひげは毎日処理するものなので、肌に対するダメージも蓄積される。
このため、脱毛の料金を知り、生活に取り入れられるのかを検討することが大事なのである。

メンズエステなどであれば、脱毛をコースで申し込むことができ、ローンを組むことも可能である。
クレジットカードの利用も可能なので、カードでリボ払いや回数を決めて支払うというように、精算方法が幅広いと生活の計画も立てやすくなる。
数回の脱毛でひげが薄くなるなどの効果が出る人もいるので、毛が薄い人はコースではなく、一回毎に支払う方が良いこともある。
しかし、毛が濃かったり、全身脱毛をしたりする場合は、コースで申し込む方がメリットが大きい。
通常30分だと7,500円前後が相場となっているが、全身脱毛だと部位毎に脱毛の時間も異なってくる。
このため、最初は体験コースを試してみても良い。

おすすめの記事